JリーグPRESSBACK NUMBER

「目の前の1試合に集中するだけ」
鹿島の快進撃を支える勝利のDNA。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byItaru Chiba/AFLO

posted2018/10/06 11:00

「目の前の1試合に集中するだけ」鹿島の快進撃を支える勝利のDNA。<Number Web> photograph by Itaru Chiba/AFLO

強い鹿島アントラーズが帰ってきた。立ち返る原点があるクラブというのはこれほどまでに強いのだ。

目の前の勝利が、積み重なって歴史になる。

 内田らがピッチに復帰し、戦力に厚みは増してきている。それでも、この日はレオシルバが出場停止だった。安部はU-19アジア選手権のためにチームを離れることが決まっている。昌子の復帰もまだ未定。代表活動期間に行われるルヴァンカップでは、三竿とスンヒョンが不在となる。

 主力が欠ければ、まったく同じサッカーができるわけではない。選手はひとりひとり個性も強みも弱点も違う。それをいかにチームとして形成するかがもっとも重要なことなのだ。「いかに勝つか」というこだわりが脈々と受け継がれてきた鹿島には、チームとしてのDNAがあると言われている。

 それを証明するための戦いが続く。リーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯。そしてACL、その先にあるクラブW杯。

「先のことは考えず、目の前の1試合に集中するだけだから」

 遠藤はいつも、まったくぶれることなくそう話す。

 苦しい試合でも内容が良くなくても、勝ちさえすればいい。1試合の勝利という「点」がつながれば、強豪という「線」が生まれる。それが鹿島アントラーズの歴史だ。

<緊急アンケート> Jリーグ史上最高の外国人選手は誰だ? ~雑誌「Number」連動企画~

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鹿島アントラーズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ