プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武・松井稼頭央の引退と気配り。
うれし涙は日本一までとっておく。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/05 08:00

西武・松井稼頭央の引退と気配り。うれし涙は日本一までとっておく。<Number Web> photograph by Kyodo News

10年ぶりのリーグ優勝を決めた9月30日の日本ハム戦後には、チームメイトに胴上げをされた。

あらためて25年間は長いですね。

 去り行くレジェンドには、やり残したことがある。ライオンズでは意外にも、まだ日本一になったことがない。

「改めて振り返ると本当に25年間は長いですね。その時間の、ほとんどが苦しいことと悔しいことでした。それを乗り越えた先にある、ほんの少しの喜びを得るために、つらい思いや悔しい思いをしなきゃいけないんだなと、いつも思いながらやってきました。

 当然、悔しさや、悔いは残りますが、それでもいい野球人生だったと思います。いろいろな方のサポートがあり、ファンの方の声援に励まされながらやってきました。本当に感謝の言葉しかないです」

 会見の最後を、「うれし涙は日本一のときまでとっておきます」という一言で締めくくった。

 ライオンズで育ち、ライオンズで現役生活を終える“ミスターレオ”は、最後、ライオンズのユニホームに身を包み、頂点に立つことを望んでいる。

BACK 1 2 3
埼玉西武ライオンズ
松井稼頭央
木村文紀
金子侑司
源田壮亮

プロ野球の前後の記事

ページトップ