Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<開花した巧打者コンビ>
広島・野間峻祥&西川龍馬
「最強バイプレーヤーズの肖像」

posted2018/10/05 06:00

 
<開花した巧打者コンビ>広島・野間峻祥&西川龍馬「最強バイプレーヤーズの肖像」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 エースと4番だけでは、チームは勝てない。
 勝利に大きく貢献したのはシーズン途中にレギュラーに定着した2人の巧打者だった。
 スカウトの証言も交えて名脇役の魅力に迫る。

 強い組織の共通項。それは窮地で優秀な「アンダースタディ」が現れることだ。

 主力に故障、不調の多かった今年のカープは、急場しのぎの代役ではなく、もともとレギュラークラスの実力を持った2人の打者が控えていたことで、安定して勝ち続けることができた。

 1人は2015年にドラフト1位で入団した、野間峻祥。昨季までは代走、守備固めの域を出なかったが、今季は丸佳浩の故障で出場機会を得ると、不調の田中広輔に代わって1番を打つことも増え、自身初の100安打をクリアした。

「1日、1打席、もう必死です。明日も使ってもらえるように。それだけです」

 野間はいつもの平坦な口調で控え目に言うが、その「1打席」への集中が打撃好調の要因だった。


「ある打席でレフト方向に打ったときに、東出(輝裕)コーチに『どういうイメージで打ったんだ?』って聞かれたんです。『左方向です』と答えたら『漠然としすぎてる』って言われて」

 それは単に「左方向」を狙うというだけでなく、ショートの右なのか左なのか頭上なのか、もしくはレフトの右なのか左なのか、そこまで具体的なイメージを持って打て、ということだった。

「内野安打を打つにしても、バウンドの一発目をグラウンドのどこでさせるのか、そういう意識で打て、と。今まではどうやって振るかを気にして、打席であれこれ考えるからバットが出なかったんです。それが今は『あそこに打つんだ』という意識しか頭にないから、すべてのボールを打ちに行きながら、ボールだったらやめようとバットを止められるようになりました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3060文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

V3から日本一へ カープの花道。

Sports Graphic Number 962

V3から日本一へ カープの花道。

 

広島東洋カープ
野間峻祥
西川龍馬

プロ野球の前後の記事

ページトップ