野球善哉BACK NUMBER

優勝目前の西武、たった1つの懸念。
「経験」の差を補う方法はあるか? 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/09/25 16:30

優勝目前の西武、たった1つの懸念。「経験」の差を補う方法はあるか?<Number Web> photograph by Kyodo News

若い西武ライオンズに「経験」の力をもたらす1人、中村剛也。彼の背中から若手たちは多くのものを吸収している。

西武にはもうひとヤマが残っている。

 そういった意味で22日のロッテ戦は、終盤戦の中でもっとも追い込まれた試合だったかもしれない。

 好機をつかみながら追加点を奪えず、後半勝負にもつれ込んだ。8回裏、ロッテの大ベテラン・福浦和也がこの日1本目、プロ入り2000本目の安打を放つとホームの勢いに押されて勝ち越し点を許した。

 窮地だった。だが、そこから跳ね返した。

 9回表、先頭の9番・金子侑、続く1番の秋山の連続安打で無死一、二塁、2番・源田壮亮、3番の浅村は凡打におわったが、4番の山川が起死回生の打球を左翼スタンドに放り込み試合をひっくり返した。

「8連戦、全部勝てたのを自信にして、またしっかりやっていきたいです」

 劇的な逆転の中で、ヒーローインタビューに呼ばれた山川はそう答えていた。

 とはいえ、優勝がまだ決まったわけではない。今週、西武にはもうひとヤマ、大きな戦いが待っている。

「ずっと1位でい続ける戦いというのもきついんですよ。上をずっと見続けるよりもしんどいことです。今年は開幕から首位に立って昨年と違う経験ができているから、選手たちにはこれまでと違った新しい気持ちが芽生えてきたと思うんです。これらの様々な経験が選手を強く大きくしてくれる、そう思っています」

 辻監督は「経験」の足りなさを認めつつも、日に日に成長していく選手たちを誇らしく思うと語っている。

 あとひとつ。

「空白の10年」で得られなかった「経験」が、西武をさらに強くさせる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山川穂高
秋山翔吾
菊池雄星
中村剛也
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ