バレーボールPRESSBACK NUMBER

石川祐希は全日本に融合できるか。
世界バレー1次L、中垣内監督の意図。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2018/09/18 11:30

石川祐希は全日本に融合できるか。世界バレー1次L、中垣内監督の意図。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

第4戦のベルギー戦も先発で出場した石川祐希だったが、チームは1-3で敗れた。

上を目指すためには石川の成長が。

 中垣内祐一監督は、石川を起用し続ける理由をこう明かした。

「彼をさげて他の選手を出せば、今はまとまるのかもしれないし、確かにネーションズリーグはそれで勝ってきたけれども、実際我々はもっと上を目指していて、そのためには石川が成長していくことが欠かせませんから」

 石川自身のこの先のためにも、全日本のためにも、今年、石川が万全の体を取り戻すことは最優先事項だった。その選択に間違いはない。

 その上で、コンビや連携、チームとしての戦い方といった面では、世界選手権を戦いながらまだフィットさせている段階だ。それは越えなければいけないもの。万全の石川とチームが本当の意味で融合すれば大きな力になるが、果たして間に合うか。

 現在、日本は1勝3敗と追い込まれている。日本の2次ラウンド進出がかかる1次ラウンド最終戦、アルゼンチン戦は、18日(日本時間19日)に行われる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
石川祐希
中垣内祐一

バレーボールの前後の記事

ページトップ