“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

公立校の市立船橋に胸スポンサー。
部活の概念を高校サッカーが変革! 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/09/06 08:00

公立校の市立船橋に胸スポンサー。部活の概念を高校サッカーが変革!<Number Web> photograph by Takahito Ando

「マイナビ」の胸スポンサーが入った市立船橋のユニフォーム。スポンサーは高校サッカーのトレンドとなるか。

経済的に苦しい公立校は多いはず。

 胸スポンサーをつけたことで、従来かかっていた選手達の家庭への負担は軽減される。ただ、これはあくまでもプレミアリーグの遠征費のみであり、まだ負担自体はすべて解消されたわけではない。

 このスポンサーからの遠征費用は「準公金」として扱われ、厳密な会計として対応している。朝岡監督もこのように語っている。

「今、全国的に見ても選手の家庭のあり方も多様化してきて、経済的負担が理由でサッカーを続けられなかったり、チャレンジの芽を摘んでしまうことだってある。これだけサッカーが一般化し、様々なアクションを起こしましたが、もはや受益者負担だけでは成り立たなくなって来ていると思います。

 選手達はきちんとした指導を受けられることも大事ですし、教員以外にもコーチらスタッフ達にも生活がかかっている。そういう観点から『公立校だからできない』ではなく、トライして良いモデルケースを作って行くことは重要だと思っています。まだ経済的に苦しんでいる公立校はたくさんあると思うので、この行動がいいメッセージになればと思っています」

他競技のモデルケースになれるか。

“生徒が好きでやっている部活動なのだから”という考えの下で現場の人間(指導者や選手)への負担を当然のこととし続ける――そこからの脱却を目指しているこの活動。当然なのだがあまりにも経済的利益に走りすぎて、完全な企業スポーツのような構造になってはいけないだろう。

 とはいえ部活動のあり方に変化が求められている時代なのも間違いない。そういう意味でも、まずサッカー界が部活動の考え方を発展させて、他競技のモデルケースにしていくべきだ――と、筆者は考えている。

 京都橘が発したひとつのメッセージに多くのチームが呼応し、ついには市立船橋が公立校にも刺激を与えるようにまでなった。これらの活動は、昔から続く部活動の概念に革命を起こしているのではないか。

 新たな地域スポーツクラブ文化の構築への萌芽として、高校サッカー界が強烈なメッセージを発しているのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
京都橘高校
市立船橋高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ