話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

アルビがハマリこんだ深い泥沼。
J3が現実味、何かを変える必要が。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/08/21 10:30

アルビがハマリこんだ深い泥沼。J3が現実味、何かを変える必要が。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

Jリーグの地元密着クラブの優等生だったアルビレックス新潟が苦境に喘いでいる。トンネルの出口は見えているだろうか。

何も変わらなければJ3は近づいてくる。

「うちはおとなしい選手が多いんで、元気がないのが気になる」

 高木は、厳しい表情で、そう言った。

「ヴェルディだと先輩が声を出したら後輩はもっと声出すんです。今日みたいな試合は特に声を出して元気よくプレーしないといけないけど、そういうのがないんです」

 黙々とやるタイプに「声を出せ」と言ってもなかなか難しいかもしれないが、今の状況のままだと何も変わらない。誰かがやってくれるだろうではなく、自分から自分の殻を打ち破る覚悟がないとチームは変わらない。

 J1では、最下位に沈んでいた名古屋が選手を大量補強した。その結果、今5連勝と波乗り、降格圏を脱出した。ガンバ大阪もクルピ監督を解任してOBの宮本恒靖を監督にして浮上のキッカケを掴みかけている。降格阻止のためにクラブが本気を見せているのだ。

 J2残留争いに陥った新潟はどうやってチームを立て直していくのか。

 何も変わらなければ、J3の足音がどんどん大きくなっていくことになる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

片渕浩一郎
鈴木政一
アルビレックス新潟

Jリーグの前後のコラム

ページトップ