野ボール横丁BACK NUMBER

「近寄るな」だった吉田輝星の変貌。
仲間のミスでも決勝進出でも冷静に。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/08/20 16:30

「近寄るな」だった吉田輝星の変貌。仲間のミスでも決勝進出でも冷静に。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

秋田勢として第1回大会以来の決勝進出を果たした金足農と吉田輝星。夏の頂点まであと1つ。

吉田1人だけが別世界にいるようで。

 この大会、吉田はどんなピンチに陥っても、ふてぶてしいぐらいに落ち着いている。

 8回裏、1アウトからこの日初めて連打を浴びて、ベンチから伝令役の選手がやってきたときもそうだった。

 ひとしきり笑った後、最後は、グラブで「もう帰れ」とやった。

「いつも(伝令に)こないやつがきたので、たぶん一発芸でもやるんだろうなと思ってたら、クソおもしろくなかったので(笑)。大阪弁で、おじさんのモノマネとかをしてました」

 9回裏、1アウトから走者を許したが、続く2人を外野フライに打ち取りゲームセット。ようやく手にした勝利だったが、吉田はまだ試合途中であるかのように淡々としていた。

「優勝することが目的なので。やっとここまでたどり着いたなという感じでした」

 両チームの選手がホームベースを挟んで整列を始めた。だが吉田は、最後の打者が置いていった銀色のバットを手に、誰に渡せばいいのかと右往左往していた。

「落ちてたので拾おうかな、と」

 球場全体が歓喜と絶望のコントラストにはっきりと色分けされる中、吉田1人だけが別世界にいるかのように落ち着いていた。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

金足農業高校
吉田輝星

高校野球の前後のコラム

ページトップ