ゴルフPRESSBACK NUMBER

全米プロ好発進、ファウラーの心。
親友の死を悲しむより人生を祝福。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2018/08/10 12:20

全米プロ好発進、ファウラーの心。親友の死を悲しむより人生を祝福。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

ジャロード・ライルを悼むイエローのシャツで、リッキー・ファウラーは初日を「エンジョイ」した。

いつも以上にメンタルが問われる全米プロに。

 不調続きの松山英樹は前週は下を向いて終わったが、今週は「36ホールを完走する」と、まずは予選2日間の全力投球を心に誓い、気持ちを切り替えて顔を上げて挑んだら、2アンダー、68で16位の好発進。

「ピンチもありながらノーボギーで抑えられた。チャンスは少なかったけどフェアウエイに置けた。メジャーの初日としては良かった」と、前向きに喜びを見い出し、ようやく明るい笑顔をのぞかせた。

 今大会の前週にジュニア時代からの恩師・千葉晃プロを亡くした池田勇太は「千葉プロを天国へ見送る試合にしたいよね」と、ファウラー同様、悲しみを笑顔に変えて前を向き、やはり2アンダー、68で16位の好発進。それでも「やってやろうという気持ちが前面に出過ぎないように」とメンタル面を抑えていくことを心がけて2日目に挑む。

 そして、ファウラーのこの一言が、すべてを物語る。

「勝つためには、必ずしも特別なプレーをする必要はない」

 ゴルフは最後は心――今年の全米プロは、そんな戦いになる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リッキー・ファウラー
松山英樹
ゲーリー・ウッドランド
ジャロード・ライル

ゴルフの前後のコラム

ページトップ