松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

「予選落ちすると思う」と言うが。
松山英樹のスランプと違う“難所”。

posted2018/08/06 11:40

 
「予選落ちすると思う」と言うが。松山英樹のスランプと違う“難所”。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

ぐったりとイスに座り込んだ松山英樹。自分に課すハードルが高い彼だからこそ、その苦しみも深いのだろう。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Sonoko Funakoshi

「疲れました」

 世界選手権シリーズのブリヂストン招待。4日間を戦い終えた松山英樹は肩を落としながら、力なく、そう言った。

 昨年は見事に勝利を挙げ、眩しい笑顔を輝かせたオハイオ州アクロンのファイアストンGC。同じ場所で1年後に、これほど異なる彼の表情を見ることになるとは、あのときは想像すらしていなかった。

 今年2月に左手親指の付け根あたりに激痛が走り、戦線離脱。特別な異常は見つからず、1カ月半ほどで松山は戦いの場に戻ってきたが、彼の以前の強気なゴルフは、いまだに戻ってきてはいない。

 トップ10入りは1度もなく、先日は欧州ツアーのスコティッシュオープンでも、翌週の全英オープンでも予選落ちした。

 そんな流れを好転させるべく、思い出深いブリヂストン招待にやってきた。初日は3アンダー67で回り、「久しぶりに、いいスタートが切れた」と、本当に久しぶりに明るい笑顔を見せた。

 だが、2日目は72と崩れ、3日目も伸ばせず、最終日は序盤で最高のプレーを見せながら、6番のダブルボギーから崩れ落ちていった。

いいものを悪くしてしまう、という循環。

 いいものを、自分で悪くしてしまう――そんな展開が、このところ、ずっと続いてしまっている。

 最終日。松山の出だしは最高だった。パー5の2番では見事に2オンさせて、5メートルのイーグルパットを沈めた。3番では1メートル半をきっちり沈め、5番(パー3)では3メートルにきっちり付けて、これもきっちり沈めた。

 いいショット、いいパットは、間違いなく打てていた。だからこそ、出だしの5ホールで4つもスコアを伸ばし、松山自身、「行けるかなと思った」。

 だが、6番のティショットを大きく左に曲げると、次打はほぼ横に出すだけ。そこまでは「仕方ない」状況だった。だが、3打目はグリーン左のバンカーにつかまり、2.5メートルのボギーパットも外し、あれよあれよという間にダブルボギー。そこから先は、8番、10番、13番、14番。ボギーばかりを喫した。

【次ページ】 アメリカで初めて見た松山の姿。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山英樹

ゴルフの前後のコラム

ページトップ