野ボール横丁BACK NUMBER

完敗こそすれ、全力投球の充実感アリ。
沖学園・石橋幹、1イニング分の成長。

posted2018/08/13 15:00

 
完敗こそすれ、全力投球の充実感アリ。沖学園・石橋幹、1イニング分の成長。<Number Web> photograph by Kyodo News

4回、大阪桐蔭の藤原が左中間に適時二塁打を放った瞬間……。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 壁を突き抜けた男の表情だった。

 4回裏、大阪桐蔭の4番・藤原恭大にタイムリー二塁打を打たれたときも、沖学園の先発・石橋幹は笑っていた。

「顔の横を通ったような感じで、新幹線のようだなと思いました(笑)」

 鬼塚佳幸監督はしみじみと振り返る。

「久しぶりに見ましたね。あんな楽しそうに投げている姿は。いつも悩んで悩んで、不安そうに投げていたので」

「3回まで持ってくれればいいんですけど」

 身長186センチのすらりとした体型で、MAXは146キロ。本格派右腕として期待され続けてきた石橋は、南福岡大会では背番号1を背負った。しかし、投球フォームを崩し、登板機会は2試合、わずか2回と3分の1を投げただけだった。甲子園ではエース番号から10番に変わった。

 初戦は代わりに1番をつけた斉藤礼が完投し、出番はなかった。

 鬼塚監督が石橋の先発を決断したのは大阪桐蔭戦の前日の夕方だったという。

「バクチですね。目先を変えたいというのもあって。向こうにデータも少ないでしょうし。3回まで持ってくれればいいんですけど」

 前日夜に先発を告げられたという石橋が思い出す。

「夜10時ぐらいにいきなり呼び出されて。『単刀直入に言う。先発で行く』と言われました。11時ぐらいまでは目がぱっちりしてましたけど、朝、目覚めたらすっきりしていて。今日はいい投球ができるかなと思いました」

【次ページ】 「裏をかかれたと言えば、かかれた」

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

沖学園高校
石橋幹
鬼塚佳幸
大阪桐蔭高校
藤原恭大

高校野球の前後のコラム

ページトップ