野球善哉BACK NUMBER

高岡商の試合巧者ぶりに痺れた一戦。
佐久長聖に1点差勝ちした、その中身。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/13 17:30

高岡商の試合巧者ぶりに痺れた一戦。佐久長聖に1点差勝ちした、その中身。<Number Web> photograph by Kyodo News

4回裏、高岡商無死一、三塁の直後の場面。三塁前へのスクイズで佐久長聖が手間取る間に、一塁走者だった鞍田は三塁まで進んでいた。

左腕のエース・山田龍聖をどう使う?

 次戦は優勝候補の筆頭格・大阪桐蔭が相手だ。

 強豪を相手にしたとき、多くのチームが陥るのが目先の1点を気にするあまり、大量失点するというケースだ。初回のピンチから前進守備を敷き、複数の得点を追いかける展開に苦しむ。

 そういった試合をするチームを多く見てきたが、この日の高岡商の戦いぶりをみれば「勝つための試合の運び方」が分かっているように見えた。

 また大阪桐蔭は、初戦の作新学院戦で2番手として登板した左腕投手に苦戦していた。伝統的に左腕投手を苦手とするところがあり、プロも注目する左腕・エース山田龍聖を中心に高岡商がどんな戦い方をするのかに注目が高まる。

 もっとも、その山田はこの日9回4失点完投で147球も投じている。1回戦の佐賀商戦でも7回で110球を要しているだけに、中2日で迎える次戦の先発は難しいだろう。あるとすれば、勝負所での登板になるが、チーム全体でどう勝ちに運んでいく試合ができるか。

「全力でぶち当たるだけですね。できる準備はすべてして、思い切り野球を楽しみたいと思います」

 吉田監督はそういった。

 優勝候補に試合巧者の高岡商はどこまで迫れるか。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。

関連記事

BACK 1 2 3 4
高岡商業高校
吉田真
佐久長聖高校
藤原弘介
森田朝陽
中村昂央
山田龍聖

高校野球の前後の記事

ページトップ