Number PLAYBACKBACK NUMBER

筒香嘉智が横浜高の4番だった頃。
松坂世代を追い、渡辺監督に学び。

posted2018/08/14 07:00

 
筒香嘉智が横浜高の4番だった頃。松坂世代を追い、渡辺監督に学び。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

横浜高校からベイスターズの主砲になった筒香嘉智。その経歴は横浜を愛する野球ファンにとっては尊い存在だ。

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

他人に心を動かされることなく自分を磨くことだけに心血を注いできた。
そんな日本を代表するスラッガーが人生を変えるきっかけとなった幼き日の
「あのチーム」への憧れを語った。
夏の甲子園・第100回記念大会に出場の横浜高校。
その卒業生で今や日本の主砲となった筒香嘉智。
Number933号(2017年8月9日発売)掲載のストーリーを特別に掲載します。

 筒香嘉智はいつも泰然自若としている。

 三冠王を目指せると言われても個人的な数字は口にせず「目標はチームが優勝することです」と言い、劇的な本塁打を放っても「普通です」と肩透かしを喰らわせる。

 25歳にしてチームをまとめる主将。日本を代表する選手となった今も、経歴を彩る美談やエピソードの類は極端に少ない。幼少期から中学、高校、そしてプロと目の前の結果にとらわれず、積み重ねてきたひとつひとつの経験や出会いが、今に繋がっていると語る。

 そんな筒香が通算69本塁打を放ち「ハマのゴジラ」と渾名されていた高校時代に、対峙してきたものとは何だったのか。

「高校時代のライバルですか……人と比べるという考え方をしたことがないので、意識したことはありませんでしたね」

 実に筒香らしい答えである。

「菊池雄星選手は凄いなと」

「ただ高校時代に対戦して凄いなと思ったピッチャーは菊池雄星選手ですね。練習試合を2回やったことがありますが、あんな速いボールは見たことがなかった。衝撃という意味では一番凄かったと思います」

 筒香と同世代、甲子園を沸かせた世代最強左腕、花巻東の菊池雄星とは練習試合で2度対戦している。結果は筒香の6打数5安打1本塁打。しかも3年生の5月にベイスターズ球場のライトへ120m弾を放った試合は、直前に39度の熱を出しながら、点滴を打って強行出場してのものだった。

「たまたまです。ホント、僕にとってはたまたまというイメージなんです」

 偶然。どこまでも謙虚である。

「ただ、僕の場合は特別なライバルというよりも、『横浜高校の先輩たちのようになりたい』という思いが強かったですね。横浜高校は自分にとっては憧れの存在でしたし、やっぱり『勝つことが当たり前』というチーム。その伝統というものへの意識は常にありましたね」

【次ページ】 横浜高校に行きたいという憧れ。

1 2 3 4 5 6 NEXT
筒香嘉智
横浜高校
松坂大輔
菊池雄星
渡辺元智

高校野球の前後のコラム

ページトップ