メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

二刀流こそが大谷翔平のリズムだ。
打つと投げるの好循環が復活中。 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/08/12 09:00

二刀流こそが大谷翔平のリズムだ。打つと投げるの好循環が復活中。<Number Web> photograph by AFLO

打撃好調の大谷翔平だが、徐々にキャッチボールの強度を上げ、投手復活に向けて準備している。

「一刀」であることの違和感か。

 ところが、6月初旬、右肘に異変が生じ、二刀流調整がストップした。投手としてノースローを強いられる一方、打者としては復帰へ向けて順調なステップを踏んだ。ただ、幼い頃から「投げて、打つ」ことを、ほぼ同時進行させてきた大谷にとって、「一刀」だけを磨くことに違和感があっても不思議ではない。

 ブルペンで投球練習をすることなく、野手として打撃練習をこなす日々。本来は投球へ向かって柔軟にリードするべき右肘を、無意識にかばうためなのか、タイミング、スイング軌道に、明らかなズレが生じていた。

 その一方で、上昇の気配は、投手としての歩みに見え隠れしていた。球宴休みを経て、キャッチボールの距離が70メートルまで伸び、さらに近距離投球の強度も日増しにアップさせていた。当初、ヒジを固定したような投げ方にも、少しずつ柔軟性が加わり始めた。

 初の1試合2本塁打を放った3日の試合前には、これまで以上に右腕を強く振った。一度は辞めようとした投球を、さらに数球追加し、笑顔で投げ終えたのは、おそらく偶然ではない。

「何とか早く元のリズムに戻って」

 投手としての状態が上がれば、おのずと打者としても好結果につながる――。

「まだシーズン途中。僕自身、投げられていないですし、チームにも迷惑をかけているので、何とか早く元のリズムに戻っていけるように、やっていきたいとは思っています。その過程で(本塁打を)2ケタ打てるというのはいいことだと思うので、もっともっと打てるように頑張りたいと思います」

 本塁打を打つためだけでもなく、時速160kmの速球を投げるためだけではない。

 投げられなければ、打てない。逆に、打てれば、投げられる。

 エンゼルスが優勝争いから脱落した今、復帰を焦る必要もない。

 大谷が求めているのは、少年期と変わらない「元のリズム」。 

 周囲が騒ぐほど、「二刀流」の難しさを、大谷自身は、おそらく感じていない。

関連記事

BACK 1 2
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ