猛牛のささやきBACK NUMBER

オリ福田周平のメンタルは新人離れ。
「10がゴールとしたら、まだ2か3」 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/10 10:30

オリ福田周平のメンタルは新人離れ。「10がゴールとしたら、まだ2か3」<Number Web> photograph by Kyodo News

'17年ドラフト3位でオリックスに入団したルーキーの福田。169cmと小柄ながらチーム1、2を争う俊足で、身体能力も高い。

野球に対してガツガツしている。

「福田の加入のおかげで、チームがガラッと変わりました。彼は本当にストイックな一匹狼で……。甘えがないというか、妥協をしないというか。それは勝負に対しても、人に対しても。野球に対してガツガツしていて、うちにはいないタイプでした。うちは仲良し軍団だったから、最初は『何こいつ?』という感じで、ちょっと浮いちゃっていた(苦笑)。でもそれが次第に融合していきました。

 彼は練習がとにかくストイックで、しっかり目的と目標を持ってやるので、それは本当にすごいと思うし、周りがそれにつられるように、意図を持って練習するようになった。みんなが自主的にやるもんだから、『あれ? もうやる場所がないじゃねーか』となるぐらいです」

 飯塚監督が初めてスカウトした選手の1人が、明治大学の遊撃手として活躍していた福田だったという。

「一番最初に目を付けた選手でした。ファイターのショートが欲しいなあと思っていた時に目を引いて。キラキラしてたしね」

打てない時にスカウトの目が……。

 ただ当初、福田は闘志や感情をコントロールすることがうまくはなかった。しかしNTT東日本のメンタルトレーナーである若山裕晃氏にメンタルコントロールの術を学んでから、攻守ともに安定した結果がついてくるようになった。そして、プロに行くためには何が何でも結果を残さなければと照準を定めた昨年の都市対抗野球で、見事に結果を出した。

 若山氏は明治大OBということもあり、福田は大学時代にも講習を受けていたが、その頃はさほどメンタルコントロールの重要性を感じていなかったと言う。その必要性を痛感したのは社会人1年目だった。

「全然打てなかったんです。バックネット裏のスカウトの目ばかりめっちゃ気にしてしまって……。『オレ、よえーな』と思いました。そこでやっと気づいて、若山さんのところに行くようになりました」

【次ページ】 ルーティンを確立してリラックス。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オリックス・バファローズ
福田周平

プロ野球の前後のコラム

ページトップ