プロ野球亭日乗BACK NUMBER

不祥事の連鎖が止まらぬ球界。
今こそコミッショナーの出番だ! 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/07/13 11:00

不祥事の連鎖が止まらぬ球界。今こそコミッショナーの出番だ!<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年11月、新コミッショナーに就任し、熊崎前コミッショナー(右)らと握手する斉藤氏。

プロ野球の社会的な責任と役割は大きい。

 肝心の経済問題では懸案だった野球くじの導入は、イニシャル費用の問題や助成金の取り分で折り合えずに見送りの方向と成果は出ない。

 現在はeスポーツへの参入を積極的に推し進めているが、実際に動き出すにはまだまだ時間がかかりそうで得意の経済分野でも苦戦を強いられているのが現実だ。

 改めて言うが球界の将来に向けてもちろん経済は大事である。ただ、プロ野球は日本の文化の1つであり、プロ野球の社会的な責任と役割は大きい。だから常に自分たちを厳しく律することを求められる組織なのである。

 だからこそ事件や問題が起こったときに、コミッショナーは「球界の番人」として、積極的にアクションを起こすべきである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

読売ジャイアンツ
柿澤貴裕
斉藤惇

プロ野球の前後のコラム

ページトップ