プロ野球PRESSBACK NUMBER

一軍を経験し「このままじゃだめ」。
西武・金子一輝が痛感した走塁力。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2018/07/12 13:30

一軍を経験し「このままじゃだめ」。西武・金子一輝が痛感した走塁力。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

金子一輝は5月12日の千葉ロッテ戦で途中出場しプロデビューを飾った。

記念ボールは両親に渡せた?

 そういえば、「両親に渡したい」と話していたプロ初ホームランの記念ボールはどうなったのだろうか。

「まだ両親に会えていないので、家に置いたままなんですよ」

 父親の金子敏和氏は元バレーボール選手。1996年からはNECブルーロケッツの選手兼監督としてチームを率い、その後、監督に専任した。8シーズンに渡り指揮を取り1998年にはリーグ優勝を果たしている。

「父はそんなにたくさんしゃべる人じゃないし、特に野球の話はしないですね。初出場のヤフオクドームには来ていなかったけど、僕が試合に出なかった日のメットライフドームの試合は見に来てくれたようです。

 基本的に、父は子供にいろいろと言うのが嫌いな人なので、僕にバレーボールをやらせなかったのも、あれこれ言うのが嫌だからみたいです。『つい言っちゃうからバレー以外の競技をやってほしかった』と聞いたことがあります。

 あまり野球の話はしませんが、僕が調子が悪くて悩んでいるときには『ここが前とちょっと違ってるんじゃない?』と言ってくれます。いいときと比べて“前とここが違うよ”と指摘してくれることはありますね」

後半戦は厳しい内野手争いへ。

 そんな父に一日も早く、再び一軍で活躍する姿を見せたい。

 7月12日に開催されるフレッシュオールスターゲームへの出場も決まっている。

「とにかく今までやってきたことを精いっぱいやるだけです。元気を出して、積極的なプレーをするのが目標です。フレッシュオールスターという舞台、経験できない人もいますから、自分の中でひとつの大きな経験として、あとあとまで残るようにしたい。思い切ってプレーしたいと思います」

 フレッシュオールスターゲームをきっかけに、後半戦は一軍の厳しい内野手争いに挑む。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
金子一輝
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ