ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

ベルギーの猛攻を守りきり決勝へ。
フランスがついに手にした一体感。 

text by

原山裕平

原山裕平Yuhei Harayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/11 17:00

ベルギーの猛攻を守りきり決勝へ。フランスがついに手にした一体感。<Number Web> photograph by Getty Images

フランス代表といえば内紛のイメージも強いが、今大会は全くの無縁。才能たちが完全な一枚岩になっている。

アザールが軸となり、グリーズマンが攻勢を導く。

 34分にはアントワン・グリーズマンのフィードに反応したキリアン・ムバッペが右サイドから絶好のクロスを供給。これはジルーが合わせ損なうも、40分には果敢なオーバーラップを敢行したベンジャミン・パバールが、ムバッペのスルーパスに抜け出して決定的なシュートを放つ。

 ティボー・クルトワの好セーブに阻まれゴールはならなかったものの、流れは着実にフランスに傾いていた。

 そうした展開の中、フランスに歓喜をもたらしたのは、ウルグアイ戦と同じセットプレーだった。グリーズマンのキックをサミュエル・ウムティティがニアサイドで合わせる。伏兵の一撃が結果的にこの試合を決定づけた。

 ベルギーの攻撃軸を担ったのがE・アザールなら、フランスの攻勢を導いたのはグリーズマンである。神出鬼没な位置取りで中央、サイドと様々なエリアに顔を出し、中盤と前線のつなぎ役を担う。

 正確なプレースキックもフランスの大きな武器となっており、これで2試合連続のアシストである。2年前のEUROで得点王に輝いたストライカーは、今大会ではムバッペに主役の座を譲りながら、決定的チャンスを生み出す名脇役として、フランスの躍進を牽引している。

ベルギーにトドメを刺し損ねたジルー。

 リードを奪ったフランスは、その後も一気呵成にベルギーを押し込んだ。ムバッペのトリッキーなパスからチャンスを迎えたジルーに決定力が備わっていれば、ベルギーにとどめを刺すことができていただろう。

 九死に一生を得たベルギーは、60分に守備的なムサ・デンベレに代えてドリース・メルテンスを投入。この小柄なアタッカーが右サイドから好機を作り出すと、流れは再びベルギーへと渡っていく。

【次ページ】 1人もさぼらず守り続けたフランス。

BACK 1 2 3 NEXT
オリビエ・ジルー
ポール・ポグバ
キリアン・ムバッペ
アントワン・グリーズマン
ユーゴ・ロリス
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ