猛牛のささやきBACK NUMBER

オリ増井浩俊は見た目以上に貪欲。
「僕は記憶より記録で残すタイプ」 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/07/12 07:00

オリ増井浩俊は見た目以上に貪欲。「僕は記憶より記録で残すタイプ」<Number Web> photograph by Kyodo News

5年ぶり3度目の出場となるオールスターに選出され、オリックスのファンはもちろん、古巣・日本ハム時代のファンにも感謝した。

意外にも低い自己評価?

「結果やタイトルはあとからついてくるものなので」といった発言をする選手も多い中、ここまで数字やタイトルへの意欲を口に出す選手はめずらしい。しかもそれがギラギラしたオーラをまとった選手ではなく、“静”のイメージのある増井だから面白い。

「みんな思いは同じだと思いますけど、僕はそれを普通に言っちゃうんですよね(笑)。やっぱり欲しいですもん。

 僕は“記憶に残る”というよりは、“記録で残す”タイプの選手だと思うので。そんなに人気選手ではないし、目立つタイプじゃないから。だからしっかり記録で、プロ野球界にいたことを残せたらなーと思っているんです」

 この言葉には驚いた。

 確かに派手なパフォーマンスで目立つタイプではない。しかし12球団セーブを達成した日の日本ハムファンからの温かい拍手や、オリックス1年目にして、オールスターのファン投票でパ・リーグの投手でトップの44万3580票を獲得して選出されたことを考えても、「そんなに人気選手ではない」というのはあまりに自己評価が低すぎるだろう。

 7月10日現在、増井はリーグトップの22セーブを挙げている。自身初のセーブ王のタイトルへ、後半戦もひた走る。

関連記事

BACK 1 2 3
増井浩俊
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ