Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

貴乃花親方と村田諒太の対談全文。
強さ、身体感覚を極限まで求めて。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/07/09 07:00

貴乃花親方と村田諒太の対談全文。強さ、身体感覚を極限まで求めて。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

貴乃花親方と村田諒太。肉体をぶつけ合う競技に挑む2人だからこその身体感覚がある。

リングインするときにはもう緊張しない。

村田 僕もボクサーとしては結構年寄りになってきましたが、年下の子にはそれを感じます。しんどいことを続けられなくて、ハウツーというか、攻略本の解答を見たがるような子が多い気がします。

貴乃花 だから、親父の言う、努力したって勝てない、でも努力しないと意味がない、ということを言っていて。答えなんか出なくて、死ぬときまでわからない。だから、ずーっとやらなきゃいけないんだと(笑)。引退して、年々身体が衰えても、四股からずっと確認しながらやっていくことが、精進ということなのかな、と思います。

村田 生涯をかけて、相撲と。

貴乃花 そうです。

村田 そうですよね。僕も、村田さんなんでそんなにボクシング頑張れるんですか、と聞かれることがありますけど……これしかないですもんね。

貴乃花 本当に。やはり私も土俵しか帰るところがなかった。生き場所はここしかない、という思いでしたね。しかし村田さんもチャンピオンになったらなっただけ油断はできないというか、緊張で相手が大きく見えるようなこともあるじゃないですか。横綱というのもそうでしたから。それでも奮い立たせて戦うという、1対1の勝負事というのは大変です。

村田 僕は、リングインするときにはもう緊張しないんです。試合の何日か前までは緊張しているんですが、当日はいつものジムのメンバー、トレーナーさんや会長さんがいてくれる。そこに感謝して上がれると、結構怖くないです。逆に、そういう感謝の気持ちがなくて上がると、怖いですね。

貴乃花 それは会長が凄いんですよ。私はまだ新参者ですが、部屋をやっていると、そういう環境を与えるのは、1年、5年でできることじゃなくて。そう思わせて戦わせるというのは、会長が素晴らしいです。

村田 そう考えると、やっぱり周りに作ってもらったのが今の姿だと思います。武元先生、本田(明彦・帝拳ジム)会長、トレーナーさん。そういうことなんですね。

貴乃花 そうなってくると、ますます村田チャンピオンここにあり、ですね。

村田 そうなれるよう、頑張ります!

(Number949号『スペシャル対談 貴乃花光司×村田諒太「強さとは何か」』より)

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8 9
村田諒太
貴乃花

ボクシングの前後の記事

ページトップ