Number PLAYBACKBACK NUMBER

貴乃花親方と村田諒太の対談全文。
強さ、身体感覚を極限まで求めて。

posted2018/07/09 07:00

 
貴乃花親方と村田諒太の対談全文。強さ、身体感覚を極限まで求めて。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

貴乃花親方と村田諒太。肉体をぶつけ合う競技に挑む2人だからこその身体感覚がある。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

初の防衛戦を前にした世界王者、村田諒太。
前人未到の領域を目指す「リングの哲学者」が
真に強き肉体と精神について深い思索をぶつけ合った。
相対するはこれ以上ない「強さの求道者」、貴乃花親方――。
Number949号(2018年3月29日発売)の対談を全文掲載します!

村田 初めてお目にかかります。今日はよろしくお願いいたします。

貴乃花 初めての防衛戦は4月ですか。

村田 はい、15日に、ブランダムラ選手と横浜アリーナで戦います。

貴乃花 1カ月前頃が一番大変ですか。

村田 そうですね。精神的には1カ月から2週間前くらいまでは。1週間前くらいになると吹っ切れますが。

貴乃花 村田さんのことは、オリンピックも拝見しておりました。金メダルからチャンピオンなんて、伝説の道ですね。

村田 いや、たまたまです。僕にとっては、貴乃花さんはやはりテレビの中の人で。僕は1986年生まれで、貴乃花さんを見て育った世代なんです。当時、曙さんや武蔵丸さんと戦われていて。一番印象的なのは、やっぱり小泉(純一郎)首相の。

貴乃花 はいはい(笑)。

村田 『感動した』。確か自分が高校1年か2年の頃でした。

相手を傷つけない、綺麗に戦う。

貴乃花 2001年ですね。本人としてはただ土俵に上がっていただけで、勝負どころじゃなかったんですが。村田さんは、何歳からボクシングを始められたんですか?

村田 中学1年生、13歳からです。貴乃花さんは何歳ですか。

貴乃花 私も中学の部活で、13歳からです。それまで、わんぱく相撲というのにはちょこちょこ出ていましたが、あまりまともに稽古なんかはしたことがなくて。中学でいい監督さんに出会って、大学まで進む約束で部活に入ったんです。でも、中3のときにどうしても大相撲でやりたい、と監督の反対を押し切って親父(先代貴ノ花)の部屋に入門しました。今45歳ですから、それから30年相撲の世界にいることになります。

村田 人生のほとんどですね。そこで22回もですか、優勝されて。

貴乃花 そうですね。でも私の場合は引退する頃はボロボロで、タジタジで(笑)。おっしゃった22回目の、ケガをして優勝したときも、相手は申し分ない横綱武蔵丸関でしたし、もうここで引退したい、と最後の居場所を探していたような気持ちで。

村田 そんなに。

貴乃花 お酒も飲まない、煙草も吸わないで勝負だけを考えて、精神的に追い詰められていたような。そこで支えてくれたのは、相撲道や武士道の精神というか、武器を持たずして、相手を傷つけない、綺麗に戦う、という思いだった気がしますね。

【次ページ】 まわしに指を2本、3本の緻密さで。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 NEXT
村田諒太
貴乃花

ボクシングの前後のコラム

ページトップ