SCORE CARDBACK NUMBER

「東高西低」の図式を覆す、
拳四朗と京口紘人の活躍。
~ボクシングの世界で関西に風が吹いている?~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2018/06/20 15:00

「東高西低」の図式を覆す、拳四朗と京口紘人の活躍。~ボクシングの世界で関西に風が吹いている?~<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

拳四朗(右)は1992年1月6日生まれの26歳。京口は'93年11月27日生まれの24歳。2学年差で現在も親交が深い。

 5月に行われた2つのダブル世界タイトル戦で共に主役ではなかったものの、存在感を示した2人の不敗チャンピオン――拳四朗(WBCライト・フライ級)と京口紘人(IBFミニマム級)に注目したい。

 拳四朗は、井上尚弥が初回KOで3階級制覇を達成したのと同日、前王者ガニガン・ロペスの挑戦を受け、2回に右ボディー一発で相手を沈めた。この5日前、京口は同じワタナベジムの田口良一がヘッキー・ブドラーに敗れ無冠に追われた直前に、2度目の防衛戦に臨んだ。比国の19歳ビンス・パラスに初体験のダウンを喫するなど苦戦しKOは逸したが、判定勝ちで虎の子のベルトを守った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 635文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、未来を懸けて。

Sports Graphic Number 954・955・956

日本代表、未来を懸けて。

 

拳四朗
京口紘人

ボクシングの前後の記事

ページトップ