サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

22戦無敗ベルギーを倒すために。
西野ジャパンに求めたい3要素。
 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/02 11:10

22戦無敗ベルギーを倒すために。西野ジャパンに求めたい3要素。<Number Web> photograph by Getty Images

ベルギー戦に向けた調整をこなす日本代表。史上初のベスト8へ、すべてを懸ける。

スペインvs.ロシアを想起させる戦いを。

 2つ目はシステムである。

 コロンビア戦とセネガル戦では、西野監督の采配が試合を動かした。交代カードが見事に機能したが、意外性のある切りかたではない。タイミングはともかく、カードの選び方はオーソドックスである。

 交代カードの切りかたが重要なのは、ベルギー戦も変わらない。さらに加えて、システムもポイントになるのではないだろうか。ガーナ戦以降は手をつけていない3バックも含め、追いかける、逃げ切るといった試合展開に応じて、システムを変えていく必要がありそうだ。

 3つ目にはメンタリティがあげられる。

 たとえば同点のままで時間が推移していけば、気持ちがざわつくのは日本ではないだろう。リードを奪えずにゲームの終盤を迎えたら、ベルギーの選手たちは前日のスペインを思い出すに違いない。

 ロシアにPK戦まで持ち込まれて勝利を逃したライバルの姿が、頭のなかに浮かんでくるはずだ。

日本は失うもののない戦いである。

 ベルギーとは対照的に、日本は失うもののない戦いである。

 相手に押し込まれる時間はあるだろう。自陣にクギ付けにされることもあるかもしれない。それでも、自分たちにできることに、勇気を持ってトライしてほしいのだ。勝つための最善策に全員で取り組むことで、本気のベルギーに何が通用するのか、何が通用しないのかを体感してほしいのだ。

 FIFAランキング3位の“赤い悪魔”に、チャレンジャー精神で挑む。自分たちのプレー次第で、90分という時間はかけがえのない財産となる。それが、新しいページをめくることにつながる。

西野ジャパン23人の真実。

Sports Graphic Number 2018/7/9特別増刊

西野ジャパン23人の真実。

 

関連記事

BACK 1 2 3
西野朗
エデン・アザール
ロメル・ルカク
ケビン・デブライネ
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ