ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

世界に君臨したドイツ時代の終わり。
前回王者はなぜ韓国に敗れたのか。
 

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/28 11:50

世界に君臨したドイツ時代の終わり。前回王者はなぜ韓国に敗れたのか。<Number Web> photograph by Getty Images

日韓W杯以降、ドイツ大会のブラジルをのぞいて前回王者はグループリーグで敗退している。ドイツもその罠にはまってしまった。

集中力を失ったドイツから韓国が2ゴール!

 しかし、この日のドイツはフィニッシュの精度を著しく欠いた。87分、エジルの右アーリークロスにオーバーラップしたフンメルスが反応して頭に当てるも、これもゴール枠を外してしまう。防衛を図る相手に教科書通りの攻撃構築を貫いて決定機を作り上げてもゴールが遠い。焦りを増幅させたドイツの選手たちはいつしか前のめりになり、この国の代表が最大の武器としていた闘志が集約されず、集中力を喪失した。

 92分、韓国はCKからゴール前で混戦になり、ボールを拾ったDFのキム・ヨングォンがボールをゴールへ蹴り込んで歓喜の雄叫びを上げる。すぐに副審のフラッグが上がってオフサイドとして得点を取り消されたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってキム・ヨングォンへボールが渡ったのはクロースのバックパスがズーレの股間を通過したからだったことが分かり、改めて韓国の先制点が認定された。

 後半のアディショナルタイムは総計6分。ドイツは僅かな時間での逆転を目指してGKのマヌエル・ノイアーも敵陣へ打って出たが、そのノイアーが相手のチャージに遭ってボール奪取され、最後は韓国のロングボールからソン・フンミンに無人のゴールへボールを流し込まれて万策尽きた。

世界に君臨した“黄金城”の終わり。

 ゴメス、フンメルス、ベルナーら、これまで大事なゲームで貴重な得点をゲットしてきた選手たちが決定機を逃した。負傷明けのエジルは消極的な横パスに終始し、ケディラはプレーレベルを高められずに後半途中にピッチを退いた。途中出場したミュラーはボールに触れないことに苛立ち絶叫している。

 司令塔・クロースが痛恨のバックパスミスを犯し、キャプテンのGKノイアーが敵陣でボールロストした時点でドイツの希望は潰えた。

 試合は韓国が2-0で勝利するもグループリーグF3位に留まり、スウェーデンとメキシコが決勝トーナメントへ進出。ライバルたちの躍進の影で、ドイツは最下位に転落した。試合終了直後のドイツの街角では、軽やかな祝砲ではなく、苛立ちを宿した車のクラクションが幾度も鳴り響いていた。国営テレビのZDFでは、レーブ監督が滝のような汗を掻きながらインタビュアーの質問に答えている。

 かつて、威容を誇った荘厳な“黄金城”が梁ごと崩れ落ちていく。数年間にわたって世界に君臨し続けた『ディー・マンシャフト(Die Mannschaft)』の、脆く儚い終焉を見た思いがした。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

トニ・クロース
サミ・ケディラ
イルカイ・ギュンドアン
ヨアヒム・レーブ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ