サミ・ケディラ 

9件中 1 - 9件を表示
世界に君臨したドイツ時代の終わり。前回王者はなぜ韓国に敗れたのか。

ロシアW杯PRESS

世界に君臨したドイツ時代の終わり。
前回王者はなぜ韓国に敗れたのか。

運命のグループリーグ最終戦。ドイツ代表はスウェーデン戦で相手と接触して鼻を痛め、その後に患部の手術を敢行したセバスティア… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2018/06/28

“なぜか決める”ミュラー不発が象徴。個の力が欠如したドイツEURO敗退。

欧州サッカーPRESS

“なぜか決める”ミュラー不発が象徴。
個の力が欠如したドイツEURO敗退。

フランス、ポルトガル、ウェールズとは異なり、ドイツが擁していなかったのが独力で敵の守備ブロックを突き崩し、フィニッシュま… 続きを読む

遠藤孝輔Kosuke Endo

2016/07/08

EUROのサッカーは標準化しているか。抗うのはドイツ、スペインら数カ国。

ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~

EUROのサッカーは標準化しているか。
抗うのはドイツ、スペインら数カ国。

標準化、多様化、固有化――。ヨーロッパの代表チームはこの先、どの道へ突き進むのか。ベスト8が出揃った今大会のEURO(ヨーロ… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

2016/07/01

11人のチームと、“独裁者”の決勝戦。「至高のW杯」はどちらの手に。

ブラジルW杯通信

11人のチームと、“独裁者”の決勝戦。
「至高のW杯」はどちらの手に。

世界一の座をかけて、ドイツとアルゼンチンが聖地マラカナンで激突する。ファイナルでの両者の対戦は、ドイツが通算3度目の優勝… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

2014/07/11

ドルトムント16年ぶりのCL決勝進出!“あと1点”をめぐるレアルとの死闘。

欧州CL通信

ドルトムント16年ぶりのCL決勝進出!
“あと1点”をめぐるレアルとの死闘。

生の醍醐味は、その感触である。現場にいるからこその感覚が味わえる。ドルトムントとの1stレグを1-4で落としたレアル・マドリ… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2013/05/01

レアル、奇跡の逆転は可能なのか?攻守に鍵を握るディマリアの存在。

欧州CL通信

レアル、奇跡の逆転は可能なのか?
攻守に鍵を握るディマリアの存在。

CL準決勝第2レグを翌日に控えた昼下がり、モウリーニョは記者会見でこんなことを話している。「ドルトムントでの第1レグで、チー… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

2013/04/30

香川真司が見せた“不思議な笑み”。レアル戦で受けた世界最高峰の衝撃。

欧州CL通信

香川真司が見せた“不思議な笑み”。
レアル戦で受けた世界最高峰の衝撃。

先制しただけに悔しさも残っていたはずだ。望むような形でボールに触る回数も少なかった。交代は後半19分。もっとプレーしたかっ… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

2013/02/14

新布陣のバルサがレアルに屈した!クラシコで2人の監督が考えたこと。

欧州サッカーPRESS

新布陣のバルサがレアルに屈した!
クラシコで2人の監督が考えたこと。

試合終了から1時間が経とうとしていた。カンプノウの地下にある記者会見場にゆっくりと現れたジョセップ・グアルディオラは、普… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

2012/04/23

南アW杯の奇妙なグローバリズムと、日本サッカーの新しい国際的立場。

南ア・ワールドカップ通信

南アW杯の奇妙なグローバリズムと、
日本サッカーの新しい国際的立場。

スペインとオランダの決勝は、期待したほどの試合にはならなかった。もちろん緊迫した雰囲気は決勝に相応しかったが、試合を観る… 続きを読む

西部謙司Kenji Nishibe

2010/07/15

ページトップ