ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

世界に君臨したドイツ時代の終わり。
前回王者はなぜ韓国に敗れたのか。
 

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/28 11:50

世界に君臨したドイツ時代の終わり。前回王者はなぜ韓国に敗れたのか。<Number Web> photograph by Getty Images

日韓W杯以降、ドイツ大会のブラジルをのぞいて前回王者はグループリーグで敗退している。ドイツもその罠にはまってしまった。

韓国の中央守備を徐々に崩すドイツ。

 それでもドイツは、中央エリアを固める韓国に対して攻略の道筋を示した。最後尾はフンメルスとズーレの2枚に任せ、サイドバックのキミッヒとヘクターが敵陣深くに位置を取る。また1トップの位置にいたティモ・ベルナーがフレキシブルに両サイドへ開いてサイドアタックに厚みを加えていく。

 前半は中々チャンスを生めずも、そのボティブローは徐々に韓国守備網を辟易とさせ、後半に入ると何度もドイツに決定機が訪れた。

 47分、キミッヒの右クロスからゴレツカがヘディングシュートを放つもGKチョ・ヒョヌのセーブに遭う。続いて51分にはエジルがゴールライン深くまで侵入してクロスを送り、ベルナーが強烈なシュートを打ち込むもゴール左へ外れる。

スウェーデンがリードしたことで焦りが。

 この後、他会場で動きがあった。ドイツと同勝ち点で3位に付けるスウェーデンがメキシコに対して先制したのだ。ウォーミングアップゾーンに控えていたマリオ・ゴメスやトーマス・ミュラーらがピッチ脇に設営されているメディア用のモニターを覗き込んで状況を確認している。

 このままでは、ドイツは3位に転落してグループリーグでの敗退が決まる。得点が必須と判断したレーブ監督は58分にケディラに代えてFWのゴメスを投入。また63分にはゴレツカに代えてミュラーをピッチへ送り込んで一気に攻勢を掛けた。

 68分、キミッヒの右クロスからゴメスが得意のヘディングシュートを炸裂させるもGKの正面をつく。レーブ監督は疲労したヘクターに代えてユリアン・ブラントを左サイドへと送り出し、一層チームをサイドアタックへと傾倒させていく。

 メキシコvs.スウェーデンがさらに動き、スウェーデンが2点目、3点目を決めた時点で、ドイツは目の前のゲームに勝利すればメキシコを抜き去って決勝トーナメントに進出する道が拓けた。

【次ページ】 集中力を失ったドイツから韓国が2ゴール!

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

トニ・クロース
サミ・ケディラ
イルカイ・ギュンドアン
ヨアヒム・レーブ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ