ゴルフPRESSBACK NUMBER

上原彩子の飛距離がまた伸びた!
新コーチは地獄の練習で何を教えた? 

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph byShizuka Minami

posted2018/06/19 07:30

上原彩子の飛距離がまた伸びた!新コーチは地獄の練習で何を教えた?<Number Web> photograph by Shizuka Minami

新コーチのテッド・オーと上原彩子。過酷な練習を課す氏のトレーニングで、上原のプレーは一気に変貌した。

スイングは完成。次はパッティング。

 手応えは結果として表れた。

 4月のメジャー第1戦「ANAインスピレーション」でメジャー自己最高8位に入り、6月までに出場した13試合で予選落ちしたのはわずか2試合だけである。

 予選落ちした2試合のうち1試合は、5月末の「全米女子オープン」である。

「自分にがっかり。全然、思うようなプレーができなかったです。『もっと練習しろ』ってことだと思います」

 試合後の上原の声はいつもより高ぶり、珍しく苛立ちを隠しきれなかった。

 オー氏が今後の課題をあげた。

「今まではスイングの修正に時間を割いてきました。これからはパッティングです」

 上原だって分かっている。

 報道陣の取材を終えると、パッティンググリーンへ直行した。30度の蒸し暑いアラバマで、1時間みっちりパットの調整をした。

 全ては優勝のために、プロ16年目の努力家は休まない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

上原彩子
テッド・オー
リディア・コ

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ