ゴルフPRESSBACK NUMBER

上原彩子の飛距離がまた伸びた!
新コーチは地獄の練習で何を教えた? 

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph byShizuka Minami

posted2018/06/19 07:30

上原彩子の飛距離がまた伸びた!新コーチは地獄の練習で何を教えた?<Number Web> photograph by Shizuka Minami

新コーチのテッド・オーと上原彩子。過酷な練習を課す氏のトレーニングで、上原のプレーは一気に変貌した。

男子プロでさえ音を上げる練習を黙々と。

 上原とタッグを組んだのは2017年のシーズン半ばからだった。

 下手にスイングをいじくって、結果が出ないまま来季のシード権を逃してしまっては元も子もない。まずは「予選通過」を目標に微調整だけ行い、12月の合宿で本格的なスイング修正に取り組んだ。

「彩子の体はマラソンランナーみたいでした。体のバランスは整っているが、スイングスピードは遅い。つまり瞬発力が欠けていたのです」

 そこで、とにかくクラブを速く振るためのトレーニングに力を入れた。

 そのトレーニング合宿には、日本、韓国、米ツアーらの男女プロゴルファー約45選手が参加していた。男子は、月、水、金。女子は火、木、土。毎朝6時~夜10時まで食事以外の休憩なし。「13時間のトレーニング+2時間の練習」が参加者に課された。日曜は男女とも、ひたすら練習のみという超ハードスケジュールである。

 20歳前後の男子プロですら音をあげて自主的に休む日があるのに、毎日練習を欠かさなかった選手が一人だけいた。

 上原である。

ストップしないと練習を止めないほどの熱意!

 弱音を吐くことなく、黙々と努力し続ける34歳の姿勢にオーは驚いたという。

「合宿前には『しっかり練習しないと!』と発破をかけましたが、1週間過ぎたあたりから『いつでも休んでいいから』と逆にストップをかけるようになったんです」

 そしてついに……上原は4週間の合宿を経て、飛距離を10ヤード伸ばすことに成功したのである。腕と手首で振っていた悪癖も改善し、体全体でスイング出来るようにもなった。

 上原はショットに自信を持てるようになった。

「以前より自分のイメージ通りに飛ばせます」

【次ページ】 スイングは完成。次はパッティング。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

上原彩子
テッド・オー
リディア・コ

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ