メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

大谷翔平、憂鬱な3週間の先に希望を!
靭帯損傷「グレード2」を徹底精査。

posted2018/06/18 10:30

 
大谷翔平、憂鬱な3週間の先に希望を!靭帯損傷「グレード2」を徹底精査。<Number Web> photograph by Kyodo News

最高のシナリオは、3週間後の結果が良好で、打者として早期復帰しつつ登板に向けて調整していく、ということだろう。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 大きな夢を与えてくれる存在。

 それが大谷翔平だ。

 近年では前例のない二刀流挑戦で投打ともにメジャー屈指の活躍を見せ、彼は開幕から2カ月であっという間に日米のファンをとりこにした。

 それが、である。

 グレード2の右肘靭帯損傷。PRP(多血小板血しょう)注射を受け3週間の投球禁止。再検査の結果次第ではトミー・ジョン手術も視野に入る。

 突然の知らせに、夢心地の天国から、閻魔様のいる地獄へと突き落とされた、そんな気分になった。

 大谷の右肘はメスを入れる必要があるのか、ないのか。誰もが知りたいのはこの1点であろう。

誰も確実なことがわからない3週間。

 大谷がPRP注射を受けたのは6月7日だった。と言うことは、28日には再検査を受けることになる。それまでは大谷本人も、エンゼルスの球団首脳も、担当医師でさえも、確実なことはわからない。実に憂鬱な3週間である。

 加えて、大谷に前後するものの、ダルビッシュ有、前田健太、田中将大も故障者リストに入ってしまった。9日から12日のわずか4日間ではあるが、日本人選手でアクティブであるのは平野佳寿1人という異常事態にも陥った。

 だから、大谷の再検査の結果が出るまで、探れることはないのか。調べごとが始まった。

『グレード2』とPRP注射にヒントを求めた。

 靭帯損傷の程度は、グレード1から3の3段階に分かれている。

グレード1:靭帯が伸びた状態(手術の必要なし)
グレード2:靭帯に損傷、部分断裂がある状態(手術の必要性は有無の両方に及ぶ)
グレード3:靭帯が断裂した状態(要手術)

 と、ある。

【次ページ】 表現では田中将大より軽症だが……。

1 2 3 NEXT
大谷翔平
トミー・ジョン

MLBの前後のコラム

ページトップ