海外サッカーPRESSBACK NUMBER

オーストラリア、ケーヒル選出の謎。
スポンサー枠疑惑に監督も意味深。 

text by

杉山孝

杉山孝Takashi Sugiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/12 17:00

オーストラリア、ケーヒル選出の謎。スポンサー枠疑惑に監督も意味深。<Number Web> photograph by Getty Images

2006年ドイツ大会で日本を絶望の淵に追い込んだケーヒルも今年で39歳。4大会目のW杯でどんなプレーを見せるのか。

「30秒、30分であれ、準備ができている」

 オーストラリアの最終メンバー発表は、他の国に比べて少し遅かった。ようやく今月に入り、ロシアに向かう23人の名前が挙げられた。キャンプ地トルコで明かされたリストには、ケーヒルの名もあった。

 オランダ人指揮官は、最年長38歳の選出について口を開いた。

「30秒であれ、30分であれ、私が必要とする時、彼は準備ができているはずだ」

「ティムの状況は、誰もが知っている。彼とは何度か話した。我々の間では、状況は非常に明確になっている」

「ギャンブルだって? いつものことさ」

 W杯出場を決めた後からチームを預かった指揮官は、負荷のかけ方など開幕に向けてのチームづくりについても語っている。

「自分たちがしていることと、どんなリスクがあるかについて、我々はたくさん頭をめぐらせ、話し合いをしている」

「これがギャンブルだって? いつものことさ」

 このコメントが、日本のものではないのが残念だ。

 ペレ、ウーベ・ゼーラー、ミロスラフ・クローゼ。もしもケーヒルがロシアでゴールを決めれば、W杯4大会で得点した、この偉人の列に連なることになる。先発出場は、まずないだろう。だが、ドイツの地での日本戦の2得点も、交代出場から奪ったものだった。

 大会前最後の親善試合となる9日のハンガリー戦、話題をさらったのは初選出の19歳、ダニエル・アルザニのゴールだった。ケーヒルは残り10分で交代出場。今年2度目の代表戦のピッチに立った。

 あとは、本番で力を証明するだけだ。

関連コラム

BACK 1 2 3
ティム・ケーヒル
ベルト・ファンマルバイク
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ