サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

トゥーロンで見つけた次世代の才能。
三好康児は堂安のライバルになるか。 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/10 07:00

トゥーロンで見つけた次世代の才能。三好康児は堂安のライバルになるか。<Number Web> photograph by Getty Images

三好康児はトゥーロン国際大会で10番をつけて奮闘。チームは7位に終わったが2ゴールで結果を残した。

相手を出し抜く“これぞ三好”。

 プレー面を切り取れば、周りを生かすことも頭に入れて、ボールを受けた後の選択肢にバリエーションが増えた。またゴールに向かう強気なアタックが復活し、勝利のために自分が結果を出すという迫力も感じられるようになった。

 今大会では、日本代表の中で最も相手に脅威を与えた選手と言って過言ではない。1試合目のトルコ戦で奪った得点も、最後のトーゴ戦で奪った決勝点も、相手を出し抜いて決めるという“これぞ三好”というゴールで結果を示している。

 得点だけでなく、相手の状況に応じてポジション取りを変えるなど、個人戦術の成長を感じさせるプレーも随所に見られた。

「プレーしている中で相手がついて来た時に、相手がどこにいて、味方がどの位置にポジションを取れているか。あまり見なくてもわかるところがある。もちろん見ることもするけど、そういった感覚の部分は少しずつ上がってきているのかなと思う」

未招集だった堂安律がライバルに。

 さらに試合後は結果を残したことだけに満足せず、プレー全体の向上を求める三好がいた。なかなか出場機会が得られなかった川崎時代と変わって、今は札幌、そしてU-21日本代表の主軸として課題に目を向けている姿も印象的だった。

「この4試合を通して成長できたところはあると思うけど、特に1試合目、2試合目というのは、自分たちのミスからの失点がどうしても響いてしまった。最後の試合は判断のところはできていたと思う一方で、それを最初からできていれば準決勝にも行けたと思う。次の大会は1試合目から意識してやっていければもっと上を目指せるのかなと思います」

 トゥーロン国際大会で結果を残したことで、三好は確実に評価を高めている。だが、同じポジションにはオランダのフローニンゲンに所属している堂安律がいる。エールディビジでゴールを量産したものの今回未招集だった男が、今後ライバルとなってくることは間違いない。

【次ページ】 「どんな試合でも常に結果を残す」

BACK 1 2 3 4 NEXT
三好康児
堂安律

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ