プロ野球亭日乗BACK NUMBER

坂本勇人とジーターに4つの共通点。
プレーはもちろんリーダー性も進化。

posted2018/06/05 08:00

 
坂本勇人とジーターに4つの共通点。プレーはもちろんリーダー性も進化。<Number Web> photograph by Kyodo News

童顔のルックスながら走攻守に優れ、キャプテンシーも身につけた。坂本勇人は今や巨人の大黒柱だ。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「それ、誰ですか?」

 10年前のやりとりを、今でも鮮明に覚えている。

 2008年3月28日のヤクルトとの開幕戦。プロ入り2年目だった坂本勇人内野手は「8番・二塁」で、巨人では松井秀喜外野手以来となる10代での開幕スタメン入りを果たした。その試合で正遊撃手だった二岡智宏内野手が負傷。そのため翌日の2戦目からは「8番・遊撃」で先発出場を続けることになった。

 結局、この年は二岡の復帰後もショートのポジションを譲らず、最終的には144試合にフル出場して打率2割5分7厘、8本塁打をマーク。その後の中心選手への、第一歩を踏み出した年となったわけだ。

当時の原監督が期待していたこと。

 話はその年のシーズン中へと戻る。

 当時の原辰徳監督から「必ず将来はチームを支える選手になる素材だし、巨人の歴史を背負える選手としてしっかり育てたい」という話を聞いた。そこで「巨人のジーターに育って欲しいですね」とニューヨーク・ヤンキースのレジェンドプレーヤーであるデレク・ジーター内野手を引き合いに出すと、原監督も我が意を得たりという表情で大きく頷いたのである。

 そしてその話を本人にした。

「監督もジーターのような選手になって欲しいと思っているようだよ!」

 その答えが冒頭の言葉だったのだ。

 高卒2年目。当時の坂本は、あのデレク・ジーターを知らなかった。そのことにちょっとビックリしたことが忘れられず、筆者の記憶に鮮明に残った訳である。

 その坂本が、本人が意識しているのか、それともしていないのかに関わらず、いま確実に「巨人のジーター」への道を歩んでいる。

【次ページ】 三遊間の打球への強さは12球団最強。

1 2 3 4 NEXT
坂本勇人
読売ジャイアンツ
原辰徳
デレク・ジーター

プロ野球の前後のコラム

ページトップ