バレーボールPRESSBACK NUMBER

ビーチバレーのイメージカラーは黒?
斬新な方針転換で認知度アップを。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byJVA BEACHVOLLEYBALL

posted2018/05/29 10:30

ビーチバレーのイメージカラーは黒?斬新な方針転換で認知度アップを。<Number Web> photograph by JVA BEACHVOLLEYBALL

メインコートのネットとラインを黒にするなど、一目で会場を認識し、快適に観戦できるスペース作りを行っている。

越川、石島、二見ら実力派もいるから。

 桐原は言う。

「例えば僕らが“ああしたい”“こうしたい”と思っても、すべて『すでにビーチバレーを好きな側』の目線での意見なんですよ。僕らが当たり前だと思っていることであっても、世の中では当たり前じゃないことがたくさんある。物事を考えるときに偏ってしまう可能性がある。だからこそ、外部の人の意見が重要なのです。プロジェクトチームの彼らが、それぞれの分野で、専門的なスキルやノウハウ、人脈も生かして、わたしたちの目標を実現してくれることに期待しています」

 次の国内大会は6月9日、10日に開催されるジャパンツアー第3戦平塚大会ガラナ・アンタルチカ杯である。この大会では初めて観戦者用のテントを設置し、「観戦に来る人を意識した会場作り」に着手する予定だ。

 プロジェクトチームのリーダー、船山は言う。

「今年はチャンスだと考えています。昨シーズンからビーチに転向した越川、石島、二見らがビーチバレーを経験して力をつけ、国内で結果を出せるのが今シーズンだからです。そういう時期だからこそ、観客が来てくださることを前提とした、そのための下準備をするのが僕たちの仕事だと思っています。そして、来た人に『変わったね』と言ってもらうことも大切ですが、初めてビーチバレーを見に来た人に『かっこいい』『楽しい』と思ってもらうのが目標です。そういう人を増やさないといけないし、そういう人を相手に仕事をしなければビーチバレーは発展していきませんから」

 日本のビーチバレーの価値を高めるため、動き出したプロジェクトにこれからも注目したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

越川優
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ