バスケットボールPRESSBACK NUMBER

2冠達成に王手の千葉ジェッツ。
1年前の教訓から、言い合いせずに。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2018/05/25 16:30

2冠達成に王手の千葉ジェッツ。1年前の教訓から、言い合いせずに。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

琉球との2戦目では9得点と、PG富樫に次ぐ7アシストを記録した小野。キャプテンとしてチームをけん引する。

優勝するためには何でもやるつもり。

 CSクォーターファイナル・川崎ブレイブサンダース戦でのこと。パーカーはGAME2で力を出し切れなかった富樫やライオンズに対して、GAME3に向けて気持ちを切り替え、全力を注ぐ用意をするように声をかけた。

 彼はbjリーグ時代に得点王に輝き、NBLでもベスト5に選出された。また今季はレギュラーシーズンでスティール王にも輝いたほどの実績の持ち主だ。

 しかし、今のモチベーションについてはこう語っている。

「個人タイトルはたくさん獲ってきたからね。今の自分が望んでいるものは、チームで優勝すること。チームが優勝するために自分にできることがあるならば、何でもやるつもりさ」

 セミファイナルのGAME2に話を戻そう。3Qだけで5回の逆転ゴールを決められるほどの一進一退が続き、1点ビハインドで4Qを迎えた。開始早々に琉球のハッサン・マーティンに2本のフリースローを決められて3点のビハインドを負ったが、千葉に焦りはなかった。

西村のゲームメイク、小野のポストアップ。

 ゲームをコントロールしたのは、3Q終盤からからポイントガードに入った西村文男だった。彼は1月に優勝した天皇杯のベスト5にも選ばれたほどの実力を持つ。それまでの状況を踏まえて、ボールを動かしながら相手の守備をゆさぶる攻撃を仕掛けていった。

「文男がしっかりボールを散らしてくれました」

 大野HCが信頼を寄せる西村は、得たフリースローを2本とも沈めて逆転する。こうなると、流れは千葉に傾いていく。すると、シーズンを通して攻撃の核だったものの、CSでは見られなかったプレーもついに出た。

 キャプテンの小野龍猛のポストアップだ。

 リング近くで相手を背負いボールを受けて、攻撃を仕掛ける。ボールが相手のゴール近くにあれば攻撃の選択肢は広がるだけに、千葉にとっては大きな形だった。琉球の佐々宜央HCも「日本人の中でも屈指のレベルにある」と語った通り、琉球の脅威となった。

 4Q2分31秒の時点で、その小野がフリースローを2本とも決める。さらに4分52秒にも小野がポストアップから決めた。琉球はたまらずタイムアウトをとったが、千葉はもう手がつけられない状態になっていた。

【次ページ】 終盤の猛攻で試合を決めた。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉ジェッツ
琉球ゴールデンキングス
小野龍猛

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ