バスケットボールPRESSBACK NUMBER

2冠達成に王手の千葉ジェッツ。
1年前の教訓から、言い合いせずに。

posted2018/05/25 16:30

 
2冠達成に王手の千葉ジェッツ。1年前の教訓から、言い合いせずに。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

琉球との2戦目では9得点と、PG富樫に次ぐ7アシストを記録した小野。キャプテンとしてチームをけん引する。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

B.LEAGUE

 琉球ゴールデンキングスとのチャンピオンシップ(CS)のセミファイナルは、千葉ジェッツの成長の跡が見える試合となった。

 19日に行なわれたGAME1は前半を終えて、30-22と千葉がリード。しかし、持ち味である速攻からの得点はわずかに4点だけで、試合のペースは今季リーグ最少失点の琉球に握られていた。

 それでもチームに動揺はなかった。

 千葉の大野篤史ヘッドコーチ(HC)はこう話している。

「ディフェンスのインテンシティレベルが高かったですし、1週間準備してきたことを、前半はほぼノーミスでやれたことが良かったかなと思います」

 準備してきたこととは、琉球の攻撃への対応だ。思うような攻撃が見せられなくても、守備でしっかりと相手を抑えこむ。我慢強く戦い続けると、3Qの10分間に攻撃力が爆発。前半20分間で決めた得点とほぼ同じ29点を叩き込んで、勝負を決めた。

もしファウルが必要なら俺がファウルを。

 翌日のGAME2では、琉球が徹底的にインサイド勝負を挑んできたために、序盤から千葉のファウルがかさむ苦しい展開となった。

 大黒柱のギャビン・エドワーズが2Qの4分27秒に、アウトサイドプレーも得意とするレオ・ライオンズが2Qの6分5秒に、それぞれ3つ目のファウルを犯した。その影響でゴール下での守備では激しく当たれず、そこを起点に琉球の攻勢を受ける。

 それでも得点源のマイケル・パーカーらと、2Q終了間際の富樫勇樹のシュートもあり、2点リードでハーフタイムを迎えた。

 もっとも、後半もインサイドで苦戦するのは目に見えていた。そこでパーカーは2人の外国籍選手に対してこう話したという。

「もしファウルが必要な場面があれば、俺がファウルをするぞ。自分がマッチアップするところから相手が攻めてきても、わざわざヘルプに来なくていいからな」

【次ページ】 優勝するためには何でもやるつもり。

1 2 3 4 5 NEXT
千葉ジェッツ
琉球ゴールデンキングス
小野龍猛

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ