Number ExBACK NUMBER

杉本清×草野仁×井崎脩五郎が大集合!
平成のダービーを外れ馬券で振り返る。

posted2018/05/21 08:00

 
杉本清×草野仁×井崎脩五郎が大集合!平成のダービーを外れ馬券で振り返る。<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

平成時代の日本ダービーを語り尽くした(左から)井崎脩五郎、杉本清、草野仁。

text by

薦田岳史(Number編集部)

薦田岳史(Number編集部)Takeshi Komoda

PROFILE

photograph by

Takashi Shimizu

――発売中のNumber952号「日本ダービー特集」では、杉本清さん、草野仁さん、井崎脩五郎さんのレジェンド3人に集まっていただき、平成のダービーを、自身が買った馬券と共に振り返ってもらいました。

ところが、誌面ではとても収まりきらないほど話は多岐にわたりました。

今回はナンバー本誌座談会の別バージョンとして、誌面では掲載しきれなかった「ダービー裏話」を思う存分語っていただければと思います。

井崎 よろしくお願いします。考えてみると5ページにあの長い座談会をすべて詰め込むのは無理でしたね。

杉本 特集全部のページを使わないととても収まりきらない(笑)。

草野 ははは。でもそれぐらいダービーと言うのはすべての競馬関係者にとっての目標だし、競馬の祭典と言わるように1年で最大のイベントでもある。当然、馬券にまつわるエピソードも多くなりますね。

井崎 じゃあ早速、平成元年から始めましょうか。僕のこの年の本命馬は、マイネルブレーブでした。皐月賞が終わった時点では最後にものすごい勢いで2着に突っ込んできたウィナーズサークルを「ダービー最有力」と番組中に言っていたんだけど、気が変わって。

杉本 もったいない。

井崎 いつものことなんですけど、余計なことを調べるからダメなんですよね。ウィナーズサークルは芝0勝でダート2勝。芝未勝利の馬がダービーを勝てるかなあと疑念がわいてきて。

ウィナーズサークルは買えなかった。

草野 以前私はNHKにいまして、競馬だけでなくいろんなジャンルの仕事をしていました。ダービーは競馬場で観た時もそうでなかった年もありました。馬券は毎年買っていたと思うんですが……。ただ私もウィナーズサークルについてはちょっと買えなかったですね。皐月賞7番人気で2着にきて、いい脚を使ったと言っても、ダービーでは……という気分になりまして。

井崎 あの馬は茨城の栗山牧場の生産馬。NHKの朝ドラ「ひよっこ」の舞台になった架空の田舎町“奥茨城”のような場所で生まれた。長いダービーの歴史でも茨城産馬は未勝利でしたし、やっぱり苦しいかもなあと。それで柴田政人鞍上の2番人気、8番のマイネルブレーブについふらふらっと行ってしまったんです。

 余談ですが、昨年栗山牧場生まれの「ミネコガンバロウネ」という「ひよっこ」のヒロインの名前にあやかった馬がJRAでデビューしたんですが、ここまで6戦全敗、最下位3回、ブービー2回(2018年4月時点)。全然頑張ってないんですけど、これから大変身してほしいですね。

【次ページ】 内枠から30番発走で「河内のバカ!」。

1 2 3 4 NEXT
杉本清
草野仁
井崎脩五郎

競馬の前後のコラム

ページトップ