JリーグPRESSBACK NUMBER

ポジショナルプレーで開幕10戦無敗。
東京Vロティーナ監督は何を授けた?

posted2018/05/02 17:00

 
ポジショナルプレーで開幕10戦無敗。東京Vロティーナ監督は何を授けた?<Number Web> photograph by J.LEAGUE

奮闘を続ける東京Vのロティーナ監督(左から2人目)。その隣がコーチのイバン・パランコ氏。

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 ひとつのクラブを長く見ていく愉しみは、現在と過去を重ね合わせつつ、チームの変化を観測できることにある。なじみのある選手と新しく入ってきた選手。点と点とを線で結ぶ、いわば星座をつくるようなものだ。

 この際、他者の共感は重要ではない。大半の人が輝きに乏しい三等星と位置づけても、自分の眼にはピカピカの一等星に映る選手がいる。そうして形づくられるのは、自分だけの星座だ。

 さて、2018シーズンの東京ヴェルディはどうか。このクラブにおいて過去にはない、新しい星座を夜空に描いているのはたしかだ。中心にはミゲル・アンヘル・ロティーナという名の巨星がでんと構える。

「全体が同じイメージを共有できる」

 今季の東京Vは、J2第11節の大宮アルディージャ戦に0-2で敗れるまで無敗街道を歩んだ。伝統的にスロースターターで、開幕10戦負けなしはクラブ新記録である。ベースとなったのは、7つの無失点ゲームを実現した組織的なディフェンスだ。

 大分トリニータから加入し、正ゴールキーパーを務める上福元直人は言う。

「トレーニングでは、攻守のさまざまなシチュエーションを想定し、そこでの対応を繰り返し練習します。まったく同じシーンが試合で再現されることはない。けれども、似たような状況に直面することはあります」

 ボールのある場所によって、各々がどこにポジションを取り、何をすべきかがはっきりしている。目線を合わせることで、状況判断の精度が高まり、また周囲との連携も取りやすい。

「全体が同じイメージを共有できることで、いい準備ができる。プレーに迷いが出ないのが一番ですね。味方の考えや動きが手に取るようにわかるから、自分はその次に起こることに対して備えられます」

【次ページ】 予測力がストロングになってきた。

1 2 3 NEXT
東京ヴェルディ
ミゲル・アンヘル・ロティーナ
上福元直人
畠中槙之輔

Jリーグの前後のコラム

ページトップ