話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

名古屋ブラジル3人衆が語る問題点。
「守備はもうちょっとシンプルに」

posted2018/05/02 08:00

 
名古屋ブラジル3人衆が語る問題点。「守備はもうちょっとシンプルに」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

風間八宏監督は、Jで最もスタイルにこだわりのある監督の1人だ。目の前の結果と長期計画、そのバランスが今問われている。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 名古屋グランパスが泥沼から抜け出せない。

 FC東京戦もせっかく追いついても自分たちのミスで突き離され、うまく流れに乗り切れず自滅してしまった。

 試合後、長谷川アーリアジャスールは「みんな戦う姿勢は見せていた」と言った。

 だが、「冷静に状況を見て」という戦いができていたかというと、どうだろうか。自分たちのスタイルである地上戦を縦だけではなく横幅も使って展開していたが、終盤はロングボールに終始した。

 攻撃が偏り、状況を見て戦い方に変化をつけられない。FC東京の選手は「相手の攻撃はスカウティング通り」と言っていたが、相手の術中にハマり、守備から攻撃への早い切り替えに対応できていなかった。

 これで8連敗、2勝1分8敗の最下位だ。

 攻守がかみ合わず勝てない状況を、3人の助っ人たちはどう感じているのだろうか。

足りない攻撃面でのメリハリ。

 ガブリエル・シャビエルは、自分たちの攻撃スタイルに変化をつけられない状況に危機感を覚えている。

「相手によって自分たちのスタイルを変えていくことがすごく大事。相手が自分たちのサッカーをスカウティングしてくるのは当然だし、試合の状況によってつなぐサッカーだけじゃなくロングボールが必要になれば、しっかりロングボールを使う。いろんな形で点を取っていくことを考えないといけない」

 試合の中で、相手がどういう戦い方をしているかを選手は理解しているはずだ。そこで相手にハメられていたなら、新たな対応策を自分たちで考え、実践していくことが求められる。

 後半に3バックから4バックに変更したりロングボールを使ったりはしたが、攻撃面でのメリハリはなかった。獲得した2点は、いずれもセットプレーから。シャビエルのFKからジョーとホーシャが決めたものだ。

 流れの中からゴールが生まれればチームに勢いが出るが、いくつもあった決定的チャンスをモノにできていない。

【次ページ】 ブラジル人にマークが集中するが……。

1 2 3 NEXT
名古屋グランパス
ジョー
ホーシャ
ガブリエル シャビエル

Jリーグの前後のコラム

ページトップ