JリーグPRESSBACK NUMBER

ポジショナルプレーで開幕10戦無敗。
東京Vロティーナ監督は何を授けた? 

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/05/02 17:00

ポジショナルプレーで開幕10戦無敗。東京Vロティーナ監督は何を授けた?<Number Web> photograph by J.LEAGUE

奮闘を続ける東京Vのロティーナ監督(左から2人目)。その隣がコーチのイバン・パランコ氏。

メンタルの脆さを感じなくなった畠中。

「身体をぶつけにいったんですが、イエローカードをもらう怖さが頭をかすめてしまった。我慢しなければいけない時間帯だったのに、軽率なプレーだったと思います。全体的に大宮のほうが大人のサッカーだと感じましたね。先に点を取られ、そのあと相手の守備を打開できなかった」

 畠中は反省点を述べるが、随所で著しい成長を示しているのも事実だ。かつて緊迫した場面では落ち着きを失い、致命的なミスを犯していたが、そういったメンタル面の脆さをのぞかせなくなっている。

「一昨年、レンタル移籍した町田でシーズンを通して起用してもらい、東京Vに戻ってきてからは守備の立ち位置やビルドアップなど細かい部分の指導を受けられた。失点の少なさは自分の貢献というより、前からディフェンスしてもらっているおかげ。次の大宮との対戦では、きっちり完封したい。一度の負けを引きずることなく、立て直すのが大事です」

 次節、畠中にとっては古巣のFC町田ゼルビア戦である。今季、セットプレーから早くも2点を決めており、点の取れるセンターバックへと進化を遂げるシーズンになるかもしれない。

 今年の東京Vに煌びやかな派手さはない。けれども、ちょっとやそっとでは揺らがない堅牢さがある。私の頭に浮かぶのは、いかにも融通が利かなそうなゴリゴリに角張った星座だ。攻撃面に課題を残す現在、ここに遊び心を加える新星が見つからないか、目を凝らして探している。

関連記事

BACK 1 2 3
東京ヴェルディ
ミゲル・アンヘル・ロティーナ
上福元直人
畠中槙之輔

Jリーグの前後の記事

ページトップ