Overseas ReportBACK NUMBER

テニス、ゴルフ同様のランキング制に。
陸上界改革で東京五輪はどうなる? 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO SPORT

posted2018/04/26 07:30

テニス、ゴルフ同様のランキング制に。陸上界改革で東京五輪はどうなる?<Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO SPORT

昨年の世界陸上でリレーメンバーだった桐生、多田、ケンブリッジ、飯塚……東京五輪へ向け、ライバル争いはさらに加速する。

代理人、スポーツメーカーなどの条件で不公平感も。

 日本のあるコーチは「日本で多く点数がもらえる大会が限られているので、海外遠征が必須になる。所属する大学や企業、陸連などから支援が受けられる選手にとっては、海外遠征での資金的な問題が少ないが、それがない選手には厳しい状況になる。その時点で公平さに欠けるのでは」と懸念を見せる。

 連盟に資金力がない途上国やスポーツ後進国の選手は地元の大会や派遣される大会でベストを尽くし、ランキングを上げていかなければならない。

 DLやヨーロッパの主要な大会に出場するには、代理人の力も関わってくる。

 海外の多くのトップ選手はほとんどが代理人をつけて、大会出場の仲介をしてもらう。日本では海外の有力代理人をつけている選手はごく少数だ。加えて、スポーツメーカーが主要スポンサーの大会の場合、ライバル社の選手は出場に暗黙裏で出場制限を加えられることが多い。

 テニスやゴルフが選手の実力次第で上の大会に出場ができるのと比べ、陸上は不公平さがある。

 東京五輪まであと2年。

 新たなシステムに日本の選手や関係者がどう戦略を立てていくのか、強化とともに注目ポイントになっていく。

関連コラム

BACK 1 2 3
桐生祥秀
サニブラウン・アブデル・ハキーム
ケンブリッジ飛鳥
多田修平
山縣亮太
東京五輪
オリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ