F1ピットストップBACK NUMBER

危険運転でフェルスタッペンに批判。
若きスターが王者に成長するために。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byMasahiro Owari

posted2018/04/22 07:00

危険運転でフェルスタッペンに批判。若きスターが王者に成長するために。<Number Web> photograph by Masahiro Owari

フェルスタッペン(左)にヒットされたベッテル(右)はコースには復帰したが、マシンのバランスが崩れ、結局8位に。

ベッテルもハミルトンも、若い頃は……。

 かつてベッテルがレッドブルに所属して初のタイトルを獲得した'10年は、圧倒的に速いマシンに乗りながら、何度も接触事故を起こし、一時はタイトル争いから脱落したかと思われた。その後、逆転で王座に就いたのは、事故という経験がベッテルを成長させたからだった。

 同じことはハミルトンにも言える。彼もまた若いころは、多くのミスを犯したものだった。レーシングドライバーがミスを恐れてドライビングスタイルを変え、オーバーテイクを躊躇するようになったら、レースは辞めたほうがいい。大切なことは、なぜミスしたのかを検証すること。その経験がドライバーとして成長につながる。

 中国GPで、フェルスタッペンは自らのミスによって、優勝という結果を手放してしまった。だが、1勝よりも大きな何かを学んだとしたら、逃した勝利は決して無駄にはならない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マックス・フェルスタッペン
ダニエル・リカルド
ルイス・ハミルトン
セバスチャン・ベッテル

F1の前後のコラム

ページトップ