プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武に現れた俊足強打のルーキー。
清宮と同い年の18歳、西川愛也。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph bySEIBU Lions

posted2018/04/19 10:30

西武に現れた俊足強打のルーキー。清宮と同い年の18歳、西川愛也。<Number Web> photograph by SEIBU Lions

西武のルーキー西川愛也はイースタンリーグでは、3割5分1厘(4月17日現在)の打率の好成績を残している。

清宮と一度だけ対戦した高校3年の春。

 同い年のスター、清宮のことも特に意識はしない。

 高校時代の対戦は一度だけ。3年、春の関東大会だった。

「清宮君にはたくさん警備員がついていて、すごいなぁって思いました。その試合の自分の成績ですか? 力不足で全然ダメでした。でも清宮君は猛打賞くらい打っていた気がします。意識といっても、向こうはオープン戦で一軍にいたし……。それに試合に入ったら、意識する暇なんてないです」

 4月10日の試合で西川は2安打を記録。対する清宮はコンディションを考慮し、1打席のみで途中交代した。タイプは違うが、この先何度も対戦するであろう2人の高卒ルーキーが、プロの舞台で初めて闘った瞬間だった。

目標は「4タコしても折れないこと」。

 黒田哲史・二軍守備(内野)走塁コーチは西川をこう評する。

「何より真面目ですよね。野球が好きだということが練習する姿勢から伝わってくる。それはいちばん必要で、大事なことですから。

 守備練習ではショート、セカンド、サードに入っているので、いずれはどこでも守れるようになってほしい。いま一軍にいる内野手、誰にでも代われるような選手が理想です」

 ライオンズの多くの選手がそうであるように、内外野どちらも守れるよう練習を重ね、試合出場の機会を増やすのが目的だ。

 西川に今後の目標を聞くと、「4タコ(打席凡退)しても折れないこと」と笑う。

「5打席、無安打で試合が終わった日はヘコみました。でも切り替えて、その次の打席に立たせてもらうことを当たり前だと思わずに、ありがたく思えるように……。そうやってこれからも毎試合、過ごしていきたいです」

 ライオンズ一軍は現在、開幕8連勝を記録し、パ・リーグ首位を走っている。メットライフドームの歓声を隣のグラウンドで聞きながら、一軍昇格を目指し汗を流す次世代のスターにもぜひ注目してほしい。

関連記事

BACK 1 2 3
清宮幸太郎
西川愛也
埼玉西武ライオンズ
花咲徳栄高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ