“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

ベガルタの快進撃を支える21歳。
謙虚すぎる万能FW、西村拓真。
 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/04/14 07:00

ベガルタの快進撃を支える21歳。謙虚すぎる万能FW、西村拓真。<Number Web> photograph by Takahito Ando

J1第7節終了時点で、2位につけるベガルタ仙台。その勝負強さで若さを感じさせないプレーを見せる西村拓真。

「いえ、まったく何も変わらないですね」

 ひと通り話した後、彼に「この2ゴールで何か変わりそう?」と聞いてみると、予想通り「いえ、まったく何も変わらないですね」というシンプルな返事だった。

 謙虚な物言いに聞こえるが、その言葉1つひとつには確固たる自信が感じ取れた。

 彼の言葉からにじみ出る自信の裏付けとは何なのか……それはきっと「自分への大きな期待値」なのだろう。

「常に『自分はできる』と思っています。それは昔からです。もっと化けられると思うし、もっと個人で自分を上げることができると思っています。そのために日々があると思っています」

 21歳。

 これからまだまだ道のりは長い。

 だが、西村は進むべき方向と距離をよく見通している。未来を見通すその眼差しには、一点の曇りもないはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
西村拓真
富山第一高校
ベガルタ仙台

Jリーグの前後の記事

ページトップ