オリンピックPRESSBACK NUMBER

パシュート金の菊池彩花が涙の引退。
黙々と1人で滑る姿を、恩師が告白。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2018/04/12 07:30

パシュート金の菊池彩花が涙の引退。黙々と1人で滑る姿を、恩師が告白。<Number Web> photograph by AFLO SPORT

平昌五輪からの帰国直後の記者会見における菊池彩花。今後は富士急に籍を置きつつ指導者としての道を歩む。

五輪は「一番幸せな時間だった」。

 長田氏は菊池の仕事ぶりを高く評価した。

「菊池は身体が大きく、足が長い。他の3人と比べるとストロークが違うので、合わせるのが難しいんです。10の力を7か8で次の動作に替えていく必要がありますが、それは簡単ではありません。

 もちろん、他の選手にも大きな菊池に合わせる努力がありました。菊池も自分の滑りを小さくして合わせる努力がありました。これができるのは日本だけでした」

 8日の祝賀会は、でこれまで支えてくれた人々に引退の報告をした後、記者会見を行なった。

「一番幸せな時間だった」と五輪を振り返ると、今後については「自分がやってきた経験を生かして後輩や若手を支えていきたい」と語った。

 意志の人、菊池。

 金メダルを手にする必然がそこにあった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

菊池彩花
高木美帆
高木菜那
佐藤綾乃
岡崎朋美
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ