オリンピックPRESSBACK NUMBER

萩野公介、絶不調から驚異の7連覇!
日本選手権で味わった屈辱と栄光。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byYusuke Nakanishi/AFLO SPORT

posted2018/04/09 16:30

萩野公介、絶不調から驚異の7連覇!日本選手権で味わった屈辱と栄光。<Number Web> photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

400m自由形2位で代表入りを逃した萩野は200m自由形を棄権。個人メドレーに専念し200m、400mとも優勝を果たした。

瀬戸に勝ってのタイトル獲得。

 200mも400mも好敵手である瀬戸に勝ってのタイトル獲得だった。

「自分の泳ぎに集中しつつも大也のバタフライの泳ぎとか、ターンのあとのドルフィンも細かく打って前半からけっこういっているなとかが見えていた。俯瞰して自分を見た感覚はすごく久しぶりだったので、楽しかった」と笑顔を浮かべた。

 以前、平井コーチは萩野について「試合が近づくと、どうしたのかと思うほど、ぐちゃぐちゃになることがある」とメンタル面の弱さを指摘したことがあった。今回も「行って戻る、行って戻る、ですねぇ」と苦笑いしていたが、何かアクシデント的なことがあってもその都度必ず乗り越える愛弟子には目を細めるしかない。

 初日の400mで急降下し、3日後の200m個人メドレーでV字の回復。

 最終日にはたくましく地力を見せつけた。

 大会を終え、萩野はこのように振り返った。

「日本選手権に出場しながらレースを棄権したのは今回が初めてだった。今回僕が出来たことは、レース中に立て直すこと。レースで成長できて、僕自身すごく実りのある大会になった。本当に、タイム以上に濃い日本選手権でした」

 目の前に、一回りも二回りもたくましくなった萩野の姿があった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
萩野公介
平井伯昌
池江璃花子
江原騎士
吉田啓祐
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ