オリンピックPRESSBACK NUMBER

池江璃花子から“世界のIKEE”へ。
競泳日本選手権で見せた劇的成長。

posted2018/04/10 17:00

 
池江璃花子から“世界のIKEE”へ。競泳日本選手権で見せた劇的成長。<Number Web> photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

女子50mバタフライ決勝直後の池江璃花子。自己ベストによる日本新記録で笑顔がこぼれた。

text by

田坂友暁

田坂友暁Tomoaki Tasaka

PROFILE

photograph by

Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

 泳ぐたびに、日本新記録コールが会場に響き渡る。

 夏の国際大会の代表権を懸けた第94回日本選手権水泳競技大会競泳競技。大会が行われた4月3日~8日の6日間で、池江璃花子(ルネサンス亀戸)は6回も日本記録を更新。それらは、すべて池江自身が持っていた記録。つまり、今大会で池江は6回自己ベストを更新したのである。

 水泳選手にとっての最大の目標であり、最も難しい「自己ベスト更新」を当たり前のように達成していくその姿はまるで、ミュンヘン五輪で7冠、そしてその7種目すべてで世界新記録を樹立したアメリカのマーク・スピッツを彷彿とさせた。

 さらに、その記録1つひとつが、世界のメダル獲得レベルに達している。日本記録を樹立しても、それはあくまで日本レベルだった池江が、世界レベルにまで記録を昇華させたきっかけは、主要大会で自己ベストが出せなかった2017年シーズンにあった。

池江の自己ベスト=日本新記録。

 昨年4月、愛知県で行われた第93回日本選手権水泳競技大会。

 50m、100m、200m自由形と50m、100mバタフライに出場した池江は、女子選手で史上初となる5冠を達成。前人未踏の記録を達成できたことに笑顔は見せたものの、どこか納得していない表情も浮かべていた。

 その理由は記録の内容にあった。

 当時5種目(長水路・個人種目)で日本記録を持っていた池江にとって、自己ベスト=日本新記録になるのだが、その自己ベストがひとつも更新できなかったのだ。

 池江が以前、口にした言葉がある。

「たくさん試合で泳いで、しんどいときもあるんですけど、自己ベストが出たらそれも吹き飛ぶというか。自己ベストを出せたときが、いちばん楽しいです」

【次ページ】 世界大会のメダルや表彰台より大事な自己ベスト。

1 2 3 4 NEXT
池江璃花子
ペニー・オレクシアク
東京五輪
オリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ