“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?
中村俊輔と母校で考えた環境の話。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/04/05 11:30

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?中村俊輔と母校で考えた環境の話。<Number Web> photograph by Takahito Ando

桐光学園サッカーグラウンドのベンチにて。左から、佐熊裕和元桐光学園サッカー部監督、中村とその1年後輩の井手口純。

なぜ中村のようなキッカーが現れないのか?

 薄暗いグラウンドに立っていた男は、20年以上経った今、眩いばかりの光の中に立ち続けている。

 そして私はと言えば、今の日本全体を見渡しても中村俊輔を上回るキッカーが現れていないのではないか――と危惧している。

 これからロシアW杯を控えている日本代表の中にも現れていない。

 もちろん今プロとして活躍する選手達の中には、中村俊輔のような才能を持っている選手がいるかもしれない。そして日本代表は、その才能のトップレベルの集まりであることも間違いない。だが、彼のような優れたキッカーがなぜ現れないのか……。

 今年40歳を迎える彼の、サッカーに対する信念、そして反復・継続する能力は今でもまったく色褪せない。

 日本代表の選手たちには、彼の言葉からぜひ何かを感じ取ってもらいたいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
中村俊輔
桐光学園高校
佐熊裕和
横浜F・マリノス
ジュビロ磐田
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ