プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

オカダ新記録戦は“つまらない男”と。
「上から目線」のIWGP王者の自信。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/04/04 11:15

オカダ新記録戦は“つまらない男”と。「上から目線」のIWGP王者の自信。<Number Web> photograph by Essei Hara

棚橋弘至のV12を阻止したのがオカダだった。V11対V11の戦いは、果たしてどちらに軍配が上がるか。

「止める役目を果たせるのはオレしかいない」

 全盛期のオカダと対照的に、棚橋は自分にもう後がないのを十分に承知している。

「あらゆるシチュエーションが、オレに味方している気がする。すごく長く時間がかかってしまったけれど、もう一度、IWGP戦線に戻ってきた気がする。

 気がするじゃない。

 戻る。

 もう世界中、探してもこの記録を止める役目を果たせるのはオレしかいないと思っている。今度は前と逆の立場でね。

 この何年かで、立場が大逆転してしまったけれど、追いかける棚橋を、見せてきた。それもまたすごく、自分にとって大切な日々だったから。もう一度、新日本プロレスの頂点につく」

 棚橋はオカダがコメントを終えた頃、笑みを浮かべながら国技館を後にした。

 オカダと棚橋のIWGP王座戦は5月4日、「レスリングどんたく2018」2連戦の2日目、福岡国際センターで行われる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

棚橋弘至
オカダ・カズチカ
新日本プロレス
ザック・セイバーJr.

プロレスの前後のコラム

ページトップ