SCORE CARDBACK NUMBER

K-1との契約問題が浮上。不当な契約は改善されるのか。~所属選手がRIZINに出場できず?~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byChiyo Yamamoto

posted2018/04/06 15:00

K-1との契約問題が浮上。不当な契約は改善されるのか。~所属選手がRIZINに出場できず?~<Number Web> photograph by Chiyo Yamamoto

記者会見でHIROYAは、今後K-1 JAPAN GROUP以外の各団体に選手を送り込む方針であることを表明した。

 3月16日、都内でTRY HARD GYMの代表代行を務めるHIROYAが中野辰久顧問弁護士とともに記者会見を行い、K-1 JAPAN GROUPとの契約トラブルについて言及した。

 K-1側は2月3日に行われた会見でTRY HARDから「契約合意事項の一方的な破棄を含む不当な要求があった」として、3月21日に武尊を迎えての王座防衛戦が発表されていたHIROYAの実弟・大雅など同ジム所属の選手の試合出場中止を発表している。この件に関してHIROYAは事の発端として、昨年12月31日にRIZINが開催したトーナメントに大雅が出場する話があったことを明かした。「中国の大会でジムの選手が試合をする際、事後報告になることがあっても問題なく許されていたので、どこの団体で試合をするのも自由だと捉えていました」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

HIROYA
RIZIN
K-1

プロレスの前後のコラム

ページトップ