プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

オカダ新記録戦は“つまらない男”と。
「上から目線」のIWGP王者の自信。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/04/04 11:15

オカダ新記録戦は“つまらない男”と。「上から目線」のIWGP王者の自信。<Number Web> photograph by Essei Hara

棚橋弘至のV12を阻止したのがオカダだった。V11対V11の戦いは、果たしてどちらに軍配が上がるか。

「今の棚橋ほどつまらないものはない」

 会見場で記者に囲まれてもオカダは続けた。

「今の棚橋ほどつまらないものはないでしょう。リング上でも言ったように、つまらない。V11の棚橋で来る? つまらない。新しい、最高の棚橋弘至で来てもらいたいですね」

 それはオカダ流のエールなのかと問われても、あっさりと否定した。

「上から目線ですね。もちろん、先輩です。年も上です。でも、実力が伴っていない。そんな人間はレスラーじゃないでしょう。休んで、復帰して。オレらはね、(1年に)百何十も激しい試合をする、それがプロレスラーなんですよ。休んで、復帰して……そんな人、オレはプロレスラーだと思ってないし、リスペクトもできない。

 そんな人間にね、さん、なんてつける必要ないでしょう。棚橋だよ、オマエは」

「V11対V11。それでいいんじゃないですかね」

 でもオカダはそんなにまでつまらないという男の挑戦を受ける。

「別に、いいでしょう。今回までの防衛戦の相手に棚橋は入ってないですし、V11の記録を持っている者同士、戦う。いいんじゃないの。別にオレはそんなに、V11にはこだわりはないけれど、棚橋がどうしても止めたいのであれば、V11対V11。それでいいんじゃないですかね。

 でも、その棚橋のV12を阻んだのは誰でしたっけねえ? もう、ある意味、結果は出ているかもしれないですよ。

 長い間、チャンピオンでいる。そんな記録を作りたくてプロレスをやっているわけじゃない。すばらしいプロレスをオレは見せていきたい」

【次ページ】 「止める役目を果たせるのはオレしかいない」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

棚橋弘至
オカダ・カズチカ
新日本プロレス
ザック・セイバーJr.

プロレスの前後のコラム

ページトップ